オホーツク殺人ルート

オホーツク殺人ルート

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

北海道と伊豆で女性が怪死! 新機軸の野心作――北海道の観光地めぐりだけ、という好条件のアルバイトに、狂喜した女子大生ふたり。存分に旅を楽しんだあと、彼女らは別行動をとる。ところが直後、ひとりはサロマ湖畔の砂丘に埋められた! 同じ頃、伊豆下田では、女性作詞家の死体が発見された。2つの事件の背後に浮かんだ人物とは? 新境地をひらいた、トラベル・ミステリーの傑作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2020年12月04日
サイズ(目安)
1MB

オホーツク殺人ルート のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    1999.1.28 19刷 514
    北海道の観光地めぐりだけ、という好条件のアルバイトに狂喜した女子大生ふたり。存分に旅を楽しんだあと、彼女らは別行動をとる。ところが直後、ひとりはサロマ湖畔の砂丘に埋められた!同じ頃、伊豆下田では女性作詞家の死体が発見された。二つの事件の関係は?新境地を拓く旅行ミス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年01月07日

    北海道と伊豆を舞台にした2つの殺人事件。
    十津川警部は同一犯だと感じて捜査する。

    2つとも管轄でない。
    神奈川県警の誤認逮捕の可能性がある。

    微妙な中で、冷静な行動が光る。

    鉄道と飛行機の話題も豊富。
    十津川ものでは中の上という感じでしょうか。

    最後のFAXで逮捕に向かったことを知らせるのが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング