影使いの最強暗殺者 ~勇者パーティを追放されたあと、人里離れた森で魔物狩りしてたら、なぜか村人達の守り神になっていた~

影使いの最強暗殺者 ~勇者パーティを追放されたあと、人里離れた森で魔物狩りしてたら、なぜか村人達の守り神になっていた~

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

世界を救うため、勇者と共に魔物を倒す旅をしていたヒカゲ、15歳。影を自在に操る力を使い、勇者を援護していたヒカゲだったが……。「敵の自由を奪った状態でなぶり殺すなんて……この卑怯者!」 活躍の場を奪われた勇者からパーティーを追放されてしまう。一人になってしまったヒカゲは“奈落の森”と呼ばれる場所で、魔物を狩りながら孤独に暮らしていた。そんなある日、一人の少女・エステルを助けたことで、自分が奈落の森の守り神として崇められていることを知る。戸惑いながらも、自らが守るべき存在がいることを知ったヒカゲは再び世界を救うため立ち上がった! 人類最強のスキルで、悪をなぎ倒す! 異世界チート物語。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / ダッシュエックス文庫DIGITAL
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
ダッシュエックス文庫DIGITAL
ページ数
296ページ
電子版発売日
2020年11月25日
紙の本の発売
2020年11月
サイズ(目安)
7MB

影使いの最強暗殺者 ~勇者パーティを追放されたあと、人里離れた森で魔物狩りしてたら、なぜか村人達の守り神になっていた~ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年12月31日

    会社が悪いのか編集が悪いのか。
    Web小説の域を出ない、というのはまあ仕方ない
    ことかもしれないけど、折角編集の眼が入るのだから
    ひとひねりほしい所。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています