明石家さんまヒストリー1 1955~1981 「明石家さんま」の誕生

明石家さんまヒストリー1 1955~1981 「明石家さんま」の誕生

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

少年時代から落語界入門、大阪での活躍、「ひょうきん族」スタートまで、若き日の明石家さんまの“歴史”を、本人の発言や膨大な資料をもとに克明に記録。師匠のもとで芸を磨き、芸人仲間と切磋琢磨しながら順調にスターの階段をのぼる一方で、芸を捨てる覚悟をした大恋愛、ブレイク前夜の挫折など、苦くも充実した“青春時代”の姿を浮かび上がらせる。人生を「明石家さんま研究」に捧げた男による、渾身のデビュー作!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
新潮社
電子版発売日
2020年11月17日
紙の本の発売
2020年11月
サイズ(目安)
2MB

明石家さんまヒストリー1 1955~1981 「明石家さんま」の誕生 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年09月26日

    断片的にしか知らなかったこと
    お笑い好きだが東京者には分からないことが詳しい
    著者は私より年下なのに文献や映像記録で紐解いたのだろう
    素晴らしい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月27日

    めちゃくちゃ、面白い!読んでいく中、脳内で「明石家さんま」のしゃべりが再生されて、いちいち笑ってしまう。
    よくぞここまで、調べてくれたものだと思う。非常に濃密な筆致で、明石家さんまの歴史が描かれていく。もはや、一人の芸人を対象とした、オーラルヒストリー、聞き語りの研究書の域に達していると思われる。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    知らなかった明石家さんま

    ゆういち 2020年12月05日

    1976年山口県生まれの私にとって、さんまさんを認識した最初は「オレたちひょうきん族」でした。それまでの知らなかった明石家さんまを知れ、とても興味深く読めた一冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月05日

    この本を読み終わった、まさにその時、Yahoo!ニュースのプッシュ通知で『「厳しい親鳥」。間寛平が吐露する明石家さんまへの思い』という記事がスマホにやって来て、なんか不思議な気持ちです。ニュースの中身は芸能生活50周年を迎える寛平ちゃんのインタビューなのですが、先輩芸人の記事の見出しに来ちゃうところ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月31日

    改めて、さんまさんの凄さがわかる一冊。
    天才は努力の賜物だと痛感した。
    さんまさんが大好きなお笑いに全力を注いできた姿に圧倒される。到底まねできない。
    今も全力ですもんね(笑)。

    「ここでこの番組に出演することになったんだ」とか、「ここでこの人と出会ったんだ」など、さんまさんの歩んできた歴史が克明...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月07日

    明石家さんまに魅せられて、彼が出演するテレビ番組や舞台、雑誌インタビューなどの膨大な資料を収集している著者エムカク氏による決定版とも呼べる評伝。第1冊にあたる本書では、出生から落語家への弟子入りを経て徐々にテレビを中心として人気を博していき、「オレたちひょうきん族」で大ブレイクを果たすまでが描かれて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月02日

    テレビっ子みんなが大好きお笑い怪獣こと明石家さんまさんの歴史をさんまさんのことが超好きな筆者が今までのさんまさんが喋った言葉を記録した発言ノート、映像資料、書籍資料、雑誌資料をコツコツまとめて作った明石家さんまヒストリー

    明石家さんまさんの歴史と実際にそのエピソードを喋ったのがいつのどんな媒体かも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月16日

    さんまさんて本物のスターだなぁ!

    スターになったさんまさんしか知らないので、明石家さんまが出来上がる過程(努力と思わせない努力!)がよくわかる。

    人間的にもとても魅力的!
    自分とその才能を信じているのが伝わるし、何よりいちいち面白い!読みながら顔が笑いっぱなし!

    この人の家族だったらうるさいな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年12月19日

    水道橋博士のメルマ旬報からの書籍化。本編はもっと細かなデータが満載だが、本書は良くまとめられていて杉本高文の誕生から、人生で1番うけたと本人が言う高校時代、落語家修行時代〜ひょうきん族までが描かれます。若くて夢と時間だけはあってもお金は無いという時期がさすがの明石家さんまにもあった。
     なぜ笑福亭に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年03月05日

    <目次>
    プロローグ…杉本高文18歳
    第1章   原点…1955~74年の杉本高文
    第2章   入門…1974~75年の笑福亭さんま
    第3章   研鑽…1976年の明石家さんま
    第4章   覚悟…1977年の明石家さんま
    第5章   刺激…1978年の明石家さんま
    第6章   進撃…1979年の明石...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング