オードリー・タン 自由への手紙
  • 値引き

オードリー・タン 自由への手紙

作者名 :
値引き価格 1,001円 (910円+税) 5月19日まで
通常価格 1,430円 (税込)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

次代の世界的カリスマとして注目を集める台湾IT担当大臣のオードリー・タンが、日本の若者に向けて語る自由になるためのメッセージ!
IQ180超の天才的頭脳、性別なしというジェンダーレス、世界のグローバル思想家100人に選ばれる先見性、新型コロナ対応でわずか3日で全国民にマスクを配るシステムを構築した実行力。どれをとっても、これまでにないタイプの若き指導者の言葉は、新しい時代を生きる指針となるだろう。

Chapter0 日本の未来を担う若者たちへ
Chapter1 格差から自由になる
Chapter2 デフォルトから自由になる
Chapter3 ジェンダーから自由になる
Chapter4 仕事から自由になる
Chapter5 年齢から自由になる

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
講談社
ページ数
200ページ
電子版発売日
2020年11月18日
紙の本の発売
2020年11月
サイズ(目安)
1MB

オードリー・タン 自由への手紙 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年01月08日

    幼少期から天才少年で現在は台湾のデジタル大臣を務めるオードリータン氏の自由な発想にふれることができる。
    知識が豊富で日本の社会情勢や文化背景についてもよく学ばれている。
    いろいろな縛りや固定観念にとらわれない発想は我々日本人、政治家が見習うべきで、日々の問題解決のために参考となるだろう。
    頭の回転が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月09日

    自由になった!!!



    本の中で使われている言葉、ひとつひとつが考えられている印象を受けました。慈悲深い方だなと感じました。

    自由には2種類あるというのも、この方の思考の深さがうかがえる。内外でトライ&エラーを繰り返して得たものなんだろうな、なんて思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月03日

    39.

    選挙前日に書店で見つけて開いてみたら
    これは読まなければ!
    という謎の強い気持ちに駆られて購入

    元々クーリエジャポンの特集号で
    インタビューを読んでいてとても良かった印象で、
    この本もクーリエジャポンのインタビュー形式で
    書かれている本だというのに途中で気づいて
    さすが!となった
    読みや...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月03日

    めちゃめちゃ良かった。
    何事に対しても前向き、ポジティブ。
    これは偉人によくあるタイプだが。
    そして何より楽しそう。
    自分の中の何かがひとつ深まった。
    また台湾に対しいても理解が深まった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月11日

    借りたもの。
    オードリー・タン氏の「自由」について。そして人となりが垣間見える一冊。文章はとてもシンプルで読みやすいのに、そこから溢れ出るタン氏の“芯/真の強さがある人”オーラがにじみ出ていた。
    タン氏の「自由」については、人類の指標とも言える、真に自由で公平であろうとする人の姿勢だった。
    最近流行...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月05日



    こうやって自由を定義づけしてくれるのって、子育て中に自由とはを話し合うための語り口になってくれて良いです。

    オードリーの話す英語とその発音がめちゃくちゃ好きで、会話のテンポ(いろんな意味で頭が良いのがよくわかります。)も好きで、考え方も好きで、深掘りしたくて読みました。

    デジタル担当相だけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月09日

    優しいホリエモン。

    または天才というベクトルにおいて、ホリエモンの対極にいるイメージ。

    というのが、この本を読んでの感想。競走せずに学ぶ過程を楽しもう、危機に瀕したとき、ゼロサムではなくジグザグに風上に進む方法もあるはずだ、男か女かではなく男も女も…と言ったように、どの切り口から社会問題を見ても...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月19日

    オードリー・タン氏から見える世界は優しく明るい。
    まだまだ出来ることはある。
    まだまだ、世界は良くなれる。




    「問題を声に出すだけではなく、広めなければ問題解決にはつながりません」

    「インターネット上で私が多くの時間を過ごすのは返信ボタンのない場所。アップロードやダウンロードはできますが、ま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月10日

    対談ではなくインタビューをしたものをまとめた本だそうですが、オードリー・タン氏がものすごく頭が良いのが伝わってくる。
    台湾ってすごい。こんなブレーンがいたら、確かにコロナの封じ込めは成功するよね。
    テクノロジーは若い人のためじゃなくて、万人のためにあるのだなと感じた。若くない人は若い人に学べば良い。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月27日

    多様性を体現している天才。差異を認めながら共通項を見つける。簡単じゃないけど、読後カラフルで明るくなれるんだよなー。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング