ラスボスが恋したら世界が平和になるかもしれない 第6話
  • NEW
  • 最新刊

ラスボスが恋したら世界が平和になるかもしれない 第6話

作者名 :
通常価格 220円 (200円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ジルを救うために自分の魔石を彼に埋め込んだブラハ。
気に病むジルを慰めるうちに二人は想いを伝えあい、とうとう両想いに!
ふざけあいながらも、身体は熱く反応して求め合うままに
深く繋がり結ばれる――
しかし、このままではジルを魔界にとどめることになるので
悩みながらも人間界に戻ることを決意する。

カテゴリ
BL
ジャンル
BLマンガ
出版社
キルタイムコミュニケーション
掲載誌・レーベル
スリーズロゼコミックス
ページ数
25ページ
電子版発売日
2021年06月04日
サイズ(目安)
12MB

関連タグ:

新刊オート購入

ラスボスが恋したら世界が平和になるかもしれない 第6話 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

ラスボスが恋したら世界が平和になるかもしれない のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • ラスボスが恋したら世界が平和になるかもしれない 第1話
    魔王ブラハは城に攻め入る冒険者たちと日々攻防を続けていた。 ある日、互角の冒険者たちに攻め入られ危うく競り勝ったものの限界に近付いているところに、新たな冒険者たちが現れる! もはやこれまでか…と覚悟を決めたブラハに「瀕死の相手にとどめを刺すのは…」と魔王に優しく「今度は正々堂々と勝負しよう!」と剣士・ジルに慈悲をかけられ屈辱を覚える。 人間に助けられたとあっては威厳が保てないと、人間の振りをしてジルのパーティに潜り込むことにしたのだが……実は彼らは「運」だけが良い、激弱パーティだった!?
  • ラスボスが恋したら世界が平和になるかもしれない 第2話
    ジルのパーティに潜り込み、相変わらず歪な旅を続ける魔王ブラハ。 一方、魔王不在の魔界ではブラハ不在のため混乱が続いていた。そんな中、彼に似た『人間』の目撃情報が寄せられ調査に魔族マモンが派遣される…! 何も知らないパーティーは魔物退治のため洞窟を訪れるが、強い魔力を感じたブラハはジルたちを逃しマモンと対峙する! 人間だと思われているブラハはマモンに襲われるが、思わぬハプニング危機を逃れる……だがしかし、その牙は何も知らないジルに向けられ!?
  • ラスボスが恋したら世界が平和になるかもしれない 第3話
    マモンに襲われたジルはブラハに貰ったお守りにより難を逃れる。 再度魔族からの襲撃を警戒しジルとずっと行動を共にすることにしたのはいいが、お風呂まで二人一緒に入ることに!? 魔族のお坊ちゃまであるブラハは勝手がわからずジルに教わるものの、ラッキースケベ連発で動揺を隠せなくなってしまい、とうとう二人でベットまで…… ジルに対する想いが強くなり寝ている彼の前で自分を慰めてしまうブラハ。 だがそんな想いは二人の未来に暗い影を落とし始める――
  • ラスボスが恋したら世界が平和になるかもしれない 第4話
    「必ず、必ず無事に連れて帰る」 切ない想いを抱えながらもジルと旅を続けるブラハ。 ある日、魔王城にいる部下たちより亡きの父の友人である冥王が訪ねてきていると連絡が…… 嫌がるブラハをおびき出すために冥王はジルを拉致し、魔王城へと彼を呼び出す。 そこで明かされる魔王の秘密とは?そしてお約束のように触手に拉致されたジルを前にブラハはどうなる!?
  • ラスボスが恋したら世界が平和になるかもしれない 第5話
    冥王の横やりでジルの目の前で思わず自分が『魔王』だと正体を明かしてしまったブラハ。 ジルのためを思い、魔界と人界の間を閉ざそうとしたところに人間の精気が必要であるベリトが邪魔に入る! 人界との封印を賭けてジルは勝負をすることに…だが魔王の横やりで思わぬ勝利を得てしまう。納得がいかないベリトは自分の命と引き換えにジルを道連れに排除しようと!?
  • ラスボスが恋したら世界が平和になるかもしれない 第6話
    続巻入荷
    ジルを救うために自分の魔石を彼に埋め込んだブラハ。 気に病むジルを慰めるうちに二人は想いを伝えあい、とうとう両想いに! ふざけあいながらも、身体は熱く反応して求め合うままに 深く繋がり結ばれる―― しかし、このままではジルを魔界にとどめることになるので 悩みながらも人間界に戻ることを決意する。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています