小沢一郎はどのように自民党をぶっ壊したか?<新装版>

小沢一郎はどのように自民党をぶっ壊したか?<新装版>

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

政権交代を実現し、自民党を崩壊させた凄腕戦略!
史上空前の圧勝で民主党を勝利に導き、自民党を完膚なきまでに叩きのめした小沢一郎。小泉改革の歪みと後継総理たちの相次ぐ失態によって、支持率急落した宿敵にどのようにとどめを刺したのか?彼によって当選した者、彼のおかげで落選した者、双方からの生々しい証言から探る、民意をつかみ流れを引き寄せる小沢流選挙術。これは、本当に凄い。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
徳間文庫
ページ数
560ページ
電子版発売日
2020年11月13日
サイズ(目安)
1MB

小沢一郎はどのように自民党をぶっ壊したか?<新装版> のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年04月29日

    壊したのは自民党だけでなく、日本もである。小沢一郎は既存の選挙制度の専門家であることで存在した。そこにがん細胞のように目的なく肥大しようとする権謀はあっても、マキャベリの言う大きな目的のための「権謀」は存在しない。またその権謀も決して帝王のそれではなく、家康のように毒も薬も活用する器はない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月04日

    少し読むのに時間がかかってしまった。少し政権交代していら時間がたっているので、その時の背景等を忘れている部分があったので、今度はこの著者の作品はなるべく早くタイムリーで読みたいと思った。

    小沢一郎のエピソードもたくさん載っていたが、全国各地の民主党の候補者を忘れないことについては、やはり大物から声...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています