帝国ホテル・ライト館の謎 ――天才建築家と日本人たち

帝国ホテル・ライト館の謎 ――天才建築家と日本人たち

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

巨匠をめぐる運命の数奇とは? フランク・ロイド・ライトが設計した、二〇世紀日本を代表する建築。その裏にひそむドラマとミステリ。一九二三年九月一日、帝国ホテル新館(フランク・ロイド・ライト設計)落成披露宴を関東大震災が襲った。ホテルは危うく火災を免れるが、そこには、立て役者であるはずの設計者ライトと、元支配人で設計依頼主の林愛作の姿はなかった。何故か。天才建築家とその生涯に於いて帝国ホテルの意味とは? ライト館に関わった日本人たちの運命は? 数々の謎を追って日米を取材。二〇世紀日本の代表的な建築物を交差点として交わる、数奇な天才建築家の軌跡と、日本人たちの明治、大正、昭和。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
208ページ
電子版発売日
2020年10月23日
サイズ(目安)
3MB

帝国ホテル・ライト館の謎 ――天才建築家と日本人たち のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年10月26日

    [ 内容 ]
    1923年9月1日、帝国ホテル新館(フランク・ロイド・ライト設計)落成披露宴を関東大震災が襲った。
    ホテルは危うく火災を免れるが、そこには、立て役者であるはずの設計者ライトと、元支配人で設計依頼主の林愛作の姿はなかった。
    何故か。
    天才建築家とその生涯に於いて帝国ホテルの意味とは?
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    フランク・ロイド・ライトと彼を取り巻く人達を描いた本。舞台は帝国ホテル。建築についての話ばかりだが、興味深い話も多く書かれている。何事にも物語は存在する。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年07月12日

    帝国ホテル・ライト館は関東大震災で無傷だったという”神話”はまさしく神話で、無傷ではなかったことに驚き。
    ライトは帝国ホテルの設計以前は住宅建築しか設計したことがなかったことにまた驚き(だから、盗作説もある)。
    旧山邑邸(現:ヨドコウ迎賓館)は2回見学したことがあるが、エキゾチックではあるが、実際に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年06月26日

    近代建築が好きでフランク・ロイド・ライトの事も自由学園明日館で知っていたのでライト関係の本を読んでみたくてひっかかった本です。

    この本はライトそのものというよりライトが設計した帝国ホテルに
    重視していた感がありました。
    ライトの帝国ホテルは機能性に乏しかったという事、取り壊しの話も出たものの明治村...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています