レンズ1本で撮るフォトレシピ 写真がもっとかんたんで楽しくなる野寺流撮影講座

レンズ1本で撮るフォトレシピ 写真がもっとかんたんで楽しくなる野寺流撮影講座

作者名 :
通常価格 2,178円 (1,980円+税)
獲得ポイント

10pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

交換レンズも、難しい設定も、必要なし!

「私がある海外取材で撮影した写真のデータを調べると、なんと約90%が【24 -105 mm標準ズーム】レンズで撮影したものでした。撮影モードも【絞り優先AE】以外はほとんど使いません。明暗の調整は適材適所で【露出補正】を使います。プロ歴35年超の私でもこの3つだけでほとんど撮っていることに気づいたのです」(「はじめに」より)

本書は、実際に「【24 -105 mm標準ズーム】レンズ1本」で、ほとんどの写真撮影を行っている野寺治孝氏による、カッコいい写真を撮るためのヒントやアドバイスを集めたフォト・レシピ本です。さまざまな機材やカメラの機能を駆使した撮影テクニック本とはちょっと違い、写真集のように楽しめる作品を多く掲載しながら、撮影のポイントを解説しています。

本の構成としては、まずメインとなるフォト・レシピ集。ジャンル別に多数の作例をフィーチャーしています。

Chapter-01 風景
Chapter-02 家族・友人
Chapter-03 ポートレート
Chapter-04 スナップ
Chapter-05 スティルライフ
Chapter-06 料理・食
Chapter-07 花・植物
Chapter-08 光と影
Chapter-09 旅
Chapter-10 動物
Chapter-11 建築・インテリア
Chapter-12  エトセトラ

後半では、野寺流としてこだわった、写真を楽しむための3つのポイントについて解説しています。

●写真を楽しむための3つのポイント
 Point 01 24-105mm レンズを使う
 Point 02 絞り優先AE モードを使う
 Point 03 露出補正を使う

そのほか、もっと深く写真を楽しむポイントや、上達のためのヒントも満載。本書を手にとって、機材や機能に縛られず、カッコいい写真を楽しく撮影してください!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
趣味・実用 / カメラ・ビデオ
出版社
技術評論社
ページ数
160ページ
電子版発売日
2020年10月12日
紙の本の発売
2020年10月
サイズ(目安)
35MB

レンズ1本で撮るフォトレシピ 写真がもっとかんたんで楽しくなる野寺流撮影講座 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年02月15日

    旅先に何本もレンズ持っていって結局ろくに使わずじまい…となる私は大いに反省すべきだと思った。

    ズームレンズを「覗きながらズームするレンズ」として使うのではなくて、単焦点レンズを何本も持っているつもりで、あらかじめ使う焦点距離を決めてから覗く、というのはとても良さそう。実践してみたい。

    テキストと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています