窮鼠の契り-偽りのΩ- 1

窮鼠の契り-偽りのΩ- 1

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
紙の本 [参考] 484円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

獣人×格差ロマンス、白石ユキ最新作!

クソッタレなこの世の中で
ちっぽけな私を救ったのは
最低な貴族だった――


絶対的なカースト制度が存在する獣人の世界。

奴隷として売られそうになっていたところを、八雲(やくも)に助け出された鼠種の彩葉(いろは)。

カースト上位で、都一の宿屋・狐牢館のオーナーである八雲がわざわざ底辺の自分を買い付ける意味がわからず反発する彩葉だけど、八雲は彩葉を「花嫁にする」と言い出して―!?

めくるめく獣人×格差ロマンス!

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
少女マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
Sho-Comi
ページ数
168ページ
電子版発売日
2020年09月25日
紙の本の発売
2020年09月
サイズ(目安)
32MB

新刊オート購入

窮鼠の契り-偽りのΩ- 1 のユーザーレビュー

    無料版購入済

    獣人×???

    るっこ 2021年03月01日

    獣人好きには、たまらい作品かと。この漫画には、獣人しか出ません(一巻の段階まで)
    獣人には2種類あるようで、表紙イラスト通りに人間型と獣型に分かれるようです。深読みすると。人間が居ないのに何かあるのかな?
    この世界についてまだ謎が多いですが、主人公のネズミちゃんが何か特別な存在だとお狐様の感じで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月25日

    獣人×格差ロマンス、白石ユキ最新作!

    クソッタレなこの世の中で
    ちっぽけな私を救ったのは
    最低な貴族だった――


    絶対的なカースト制度が存在する獣人の世界。

    奴隷として売られそうになっていたところを、八雲(やくも)に助け出された鼠種の彩葉(いろは)。

    カースト上位で、都一の宿屋・狐牢館のオ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    無料版購入済

    インパクトあり

    R 2021年03月01日

    獣人がテーマのファンタジーでインパクトがありました。けれどもヒーローが狐だからでしょうか、ぜんぜん胸キュンできなかったです。絵も綺麗ですし、ストーリーと設定自体悪くはないと思うのですが特別面白いとは言い難いですね。もう一味欲しいところです。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ無料版購入済

    ヒーローが

    なぎさ 2021年03月10日

    ケモノ型の狐という設定の前に、ヒーローの「俺の城」と呼ぶ宿が「狐牢館」という名であることにツッコミを入れたくなってしまいました(笑)。カースト制度のある身分違いの恋やヒロインの体の秘密など、先の展開が気になります。

    このレビューは参考になりましたか?

窮鼠の契り-偽りのΩ- のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 窮鼠の契り-偽りのΩ- 1
    462円(税込)
    獣人×格差ロマンス、白石ユキ最新作! クソッタレなこの世の中で ちっぽけな私を救ったのは 最低な貴族だった―― 絶対的なカースト制度が存在する獣人の世界。 奴隷として売られそうになっていたところを、八雲(やくも)に助け出された鼠種の彩葉(いろは)。 カースト上位で、都一の宿屋・狐牢館のオーナーである八雲がわざわざ底辺の自分を買い付ける意味がわからず反発する彩葉だけど、八雲は彩葉...
  • 窮鼠の契り-偽りのΩ- 2
    462円(税込)
    「いい匂い もっと 甘くしたい」 抱かれると、自分でも知らないうちに、発しちゃう… 八雲への感情に揺れる彩葉だけど… 「花嫁」の真実を知って――! ケモノ型の貴族である八雲が自分を好きになるわけがない。 そう思いつつも、優しく触れる八雲の腕の中で安心している自分に戸惑う彩葉。 そんな中、狐牢館で開催される「花宵の宴」にはなにか大きな秘密が隠されていることに気付いた彩葉は…!? 彩葉...
  • 窮鼠の契り-偽りのΩ- 3
    462円(税込)
    反発し合っていた2人がついに…両想い!? 「自分でも信じられないくらい大事なんだよ 八雲のこと」   身体を張って食人(カニバリズム)ディナーを食い止めた彩葉だけど、それがきっかけで彩葉の本当の姿は"希少種のイノセンス"だと右月に知られてしまう。  自分と共に行動することで彩葉を危険にさらすと感じた八雲は彩葉から離れようとするけれど…!? お互いを想い合う気持ちがすれ違い、それで...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています