ラヴィンランド ~座敷童子の恋のお話~ 第6話
  • NEW
  • 最新刊

ラヴィンランド ~座敷童子の恋のお話~ 第6話

作者名 :
通常価格 220円 (200円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

瑛士は覚悟を決め、またあることを試すために仕事を辞める。
先輩にも引き継ぎをお願いし帰宅すると、
透けていた足が元に戻っているユキがいた。
自分の為に仕事や積み上げてきたものを捨てたことに
喜んでいいのか戸惑うユキに自分のためだと瑛士は声をかける。
ようやく二人は想いも通じ合い、
今まで会えなかった時間を埋めるかのように
熱く激しく抱き合う。
そして瑛士は一つの目的をユキに話し始め…。
座敷童子と不思議な同居生活から始まった恋物語、ついに完結!

カテゴリ
BL
ジャンル
BLマンガ
出版社
キルタイムコミュニケーション
掲載誌・レーベル
スリーズロゼコミックス
ページ数
27ページ
電子版発売日
2021年02月05日
サイズ(目安)
17MB

関連タグ:

新刊オート購入

ラヴィンランド ~座敷童子の恋のお話~ 第6話 のユーザーレビュー

    購入済み

    ほっこり♡

    しょこるんmama 2021年02月12日

    この作家さんらしい温かいお話でした。恋人が座敷童子なので、最後は切ないお別れがあるかと思っていましたが、ハピエンでほっこりします。

    このレビューは参考になりましたか?

ラヴィンランド ~座敷童子の恋のお話~ のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • ラヴィンランド ~座敷童子の恋のお話~ 第1話
    とあることが原因で仕事を辞め家も引越し、 だらだらと一日をすごしている瑛士。 再就職先をいい加減探さないと考えていると 自宅に見知らぬ和服の美丈夫が! 入る部屋を間違えたかそれとも泥棒か、と慌てる瑛士に その美丈夫は『座敷童子』と名乗り、 目の前で消えるという信じられない現象を起こす。 あり得ない状況に思わず瑛士はカウンセリングの診察を受けるが、 思い当たる節が多く精神からの幻覚か...
  • ラヴィンランド ~座敷童子の恋のお話~ 第2話
    座敷童子に姿を消してもらっての 不思議な同居生活をすることになった瑛士。 そして発起して再就職活動をするが、不採用の連続。 落ち込む瑛士に、なんと前職に復職の連絡が! これはまさか座敷童子の力のおかげなのかと聞くと、 自分の力はそういったものではないと言われる。 瑛士は酷い言葉で切り捨てたことを謝り、 座敷童子に「ユキ」と名前をつけ 姿を現してもらい、本格的な同居がスタート! ユキは...
  • ラヴィンランド ~座敷童子の恋のお話~ 第3話
    ユキに抱かれた瑛士は、心も満たされていた。 さらに復職先では昇進することに! 猛スピードで進む出来事に 自分の実力ではないのではなく、 やっぱりユキの座敷童子の力の影響なのではないかと 不安になっていく。 そんなある日、 先輩に告白をされ断る瑛士を見たユキは、 自分が人間ではないのに 瑛士の気持ちに応えてしまい 自分以外が苦しむ結果になってしまったことに 悩み始め……。
  • ラヴィンランド ~座敷童子の恋のお話~ 第4話
    夏祭りに出かけたり、アパートをリフォームしたりと 幸せな二人の時間を過ごしているユキと瑛士。 瑛士は仕事へのやる気も出て順調な日々を送っていた。 しかし、ユキは心あらずの時間が増えていったそんなある日、 ユキの体の一部が消えているのを瑛士に指摘され、 別れのときが近づいていることに気付く。 ユキは、座敷童子は出世が成就すると消滅してしまうこと、 そして瑛士はやはり人と寄り添うべきだ...
  • ラヴィンランド ~座敷童子の恋のお話~ 第5話
    ひょんなことから先輩に座敷童子のユキのことを相談し、 姿を消しているユキを出させるためにも 部屋でいちゃいちゃするところを見せつけよう!と 協力してくれることに。 自宅で抱き合い、そして瑛士が先輩の下着に手をつけたところで 耐えきれなくなったユキによって行為は中断する。 けれどユキは、姿が少しずつ消えていくことを見続ける覚悟はあるのか、 瑛士にそんな姿を見せたくない、そんな思いをさ...
  • ラヴィンランド ~座敷童子の恋のお話~ 第6話
    続巻入荷
    瑛士は覚悟を決め、またあることを試すために仕事を辞める。 先輩にも引き継ぎをお願いし帰宅すると、 透けていた足が元に戻っているユキがいた。 自分の為に仕事や積み上げてきたものを捨てたことに 喜んでいいのか戸惑うユキに自分のためだと瑛士は声をかける。 ようやく二人は想いも通じ合い、 今まで会えなかった時間を埋めるかのように 熱く激しく抱き合う。 そして瑛士は一つの目的をユキに話し始め…...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています