ねことおばあさん
  • 値引き

ねことおばあさん

作者名 :
値引き価格 550円 (500円+税) 5月25日まで
通常価格 1,100円 (税込)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

静かな時の流れのなかで、猫とおばあさんの日常が描かれる。
2人の死後にあった神秘的な物語は、言葉のない世界で語られます。

著者「あとがき」より
少年時代、物心がつく前から私は、おばあさん、おじいさんと一緒に寝ていた。
そして無数の物語を教えてくれた。
そこには、広々とした農村の自然風景――地平線、田畑、青空、樹木があり、鳥や虫たちがいた。
「ねことおばあさん」を書き終わった時、もう四十年以上も前に亡くなったおばあさんに、もう一回会ったような気がした。
幼い頃に巫女をやっていたおばあさんは、私を見守る神であり、人間の最高のやさしさをもって私を育ててくれた。
素敵な絵を描いてくださった草成さんに心から感謝します!
ティエン・ユアン

猫は可愛い。そして不思議です。目をきゅっと細めて何か考えていそうなところがあります。
本当は人間のどうしようもなさや、この世界の仕組みを知っていて、気まぐれなフリをして、にゃあと鳴いているのかもしれません。
「おばあさんは亡くなりました。猫は悲しんでいるように見えませんでした」
ティエン・ユアンさんのおはなしのこの一節を読んだとき、私は猫が、単に無垢な動物としておばあさんの死を理解できないというよりは、自分たちの繋がりがもっと永遠だと悟っているんじゃないかな、と感じました。
そんな思いもあり、おばあさんと黒猫の死後の場面を、物語の余韻として加えさせていただきました。
一匹と一人、今頃もどこかで、美味しい食べ物を分け合っているに違いありません。
くさなり

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
児童書 / 絵本・キャラクター
出版社
みらいパブリッシング
ページ数
32ページ
電子版発売日
2020年08月26日
紙の本の発売
2020年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
26MB

ねことおばあさん のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています