個人力――やりたいことにわがままになるニューノーマルの働き方

個人力――やりたいことにわがままになるニューノーマルの働き方

作者名 :
通常価格 1,210円 (1,100円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

【内容紹介】
「個」の力が活躍の鍵!
ニューノーマルを生き抜く働き方
世界中にインパクトを与えた新型コロナウイルス(covid-19)。私たちの目の前の「働き方」が大きく姿を変え、企業もその大小を問わず大打撃を受けている。
在宅勤務・リモートワークが主流となる社会では、これまで以上に「成果」が評価軸となり、「個」としての力量が問われていくことは間違いないだろう。
そんな世の中で充実して働くため、また活躍するために大切なのは、「どんな自分でありたいか」、その信念を軸にして行動することである。
もっと“自己中”に、もっと“わがまま”に――。新しい時代の「働く力」を描き出す。

【著者紹介】
[著]澤 円(さわ・まどか)
株式会社圓窓代表取締役。1969年生まれ、千葉県出身。
立教大学経済学部卒業後、生命保険会社のIT子会社を経て、1997年にマイクロソフト(現・日本マイクロソフト)に入社。
情報共有系コンサルタント、プリセールスSE、競合対策専門営業チームマネージャー、クラウドプラットフォーム営業本部長などを歴任し、2011年、マイクロソフトテクノロジーセンター・センター長に就任。
2006年には、世界中のマイクロソフト社員のなかで卓越した社員にのみ授与される、ビル・ゲイツの名を冠した賞を受賞した。
現在は、年間300回近くのプレゼンをこなすスペシャリストとしても知られる。ボイスメディア「Voicy」で配信する「澤円の深夜の福音ラジオ」も人気。
著書には、『外資系エリートのシンプルな伝え方』(KADOKAWA)、『マイクロソフト伝説マネジャーの世界No.1 プレゼン術』(ダイヤモンド社)、伊藤羊一氏との共著『未来を創るプレゼン 最高の「表現力」と「伝え方」』(プレジデント社)などがある。

【目次抜粋】
PROLOGUE
序章 Being 「ありたい自分」はどこに――自らの「本質」を知る――
第1章 Think あたりまえを疑う――生きることは考えること――
第2章 Transform 常にアップデートする――あなたはいつだって変わっていける――
第3章 Collaborate 「個」として協働する――コミュニティー化が世界を救う――
EPILOGUE

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
プレジデント社
ページ数
192ページ
電子版発売日
2020年08月07日
紙の本の発売
2020年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

個人力――やりたいことにわがままになるニューノーマルの働き方 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年08月11日

    【ありたい自分に向き合う】いまが最悪にネガティブだからこそ、回復して前へ進んでいけるという見方もできる。人がどう付き合うのか「選択する」ことができる。
    [わたしはこうありたい]を自分を自分で定義する。

    【考える】自分で自由に定義していい。誰かの許可はいらない。自分の本質を言語化すること。片っ端から...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月13日

    being(ありたい自分)でいるための心構えを教えてもらえる本です。
    他人の人生を生きてはいけない、とあるように、会社に規定された生き方はこの不安定な時代ではリスキー。自分の価値を提供できる場を多く持つことが最終的には自分で人生の舵をグリップできる、と理解しました。
    日々、仕事に忙殺されている現状は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月20日

    得意なことも苦手なことも発信していると
    物事が良い方向へ行くんだなぁと言語化されて
    勇気づけられた気がした。


    苦手なことを公言するのは、
    少し恥ずかしく躊躇うけれど、言った方が協力してくれる人が見つかったり、プラスに働くことがあるんだな〜と。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月26日

    ■読書の目的
    自身のQoL向上として、何か参考になるノウハウがあれば取り入れたい

    ■エッセンス
    ・自己啓発書として、読みやすくもあって面白い
    ・習慣などの話よりはマインドの話が多め

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月17日

    最近voicyを聴いている澤さんの本。

    個人力、って聞くとなんか尖ってるように
    孤独なイメージで聞こえるけど

    決して1人で生きていくのではなくて
    「ありたい自分」を常に意識して
    どうやったら自分がより良く生きられるかどうか、
    ってかんじ。

    【being=ありたい自分】
    これを基準にして、
    なに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月11日

    「自分」を主語にして語るというのは本当に大事だなと思える内容でした。

    自分の人生において全ての選択は「自分」が決めているので、自分がどうしたいかという意思を持って個人力を高める事は今の時代においては必要な事だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月03日

    またまた僕を勇気づけてくれる本発見!
    これからも、自分のやりたい事を見つめて、見つめて、たくさんの人と一緒に冒険しよう!
    その方が楽しいから!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月11日

    ・ありたい自分を言葉にする
    ・得意なことだけでなく苦手なことも発信する
    ・誰かを幸せにする情報発信

    発信することの重要性を再認識させてもらいました!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    いかに活かすかは読者次第

    cookbook 2020年09月10日

    汎用性のある正解がない世の中でどのような心の持ち方で生きるかが説明されている。ホリエモンの類似書をより噛み砕いて万人向けにしたような文体で読みやすいが、抽象度が高くこの本を読んで何となく満足しておしまいということになりそう。不確かな未来を個人としていかに生きるかという課題についての本なので、具体的な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年03月29日

    being「ありたい自分」を軸に考える、というのが主な主張。ありたい姿を探すための方法論で、印象に残ったのは以下。
    ・私を主語にして「私は〜と思う」と意識的に言う。
    ・学んでいる最中のことを、相手に教えるつもりで発信する。
    ・正しさでは人は動かない。自分の価値観を大事に。
    ・giver, taker...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています