漫画版 イケメン戦国 明智光秀編~この男、惚れれば地獄~02

漫画版 イケメン戦国 明智光秀編~この男、惚れれば地獄~02

作者名 :
通常価格 165円 (150円+税)
獲得ポイント

0pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

本能寺で偶然織田信長を助けた舞に信長は「俺の女になれ」と告げる。思わず逃げ出した舞だが、敢え無く豊臣秀吉と伊達政宗に安土城に連れ戻される。城に忍び込んで来た佐助と再会した舞は、ワームホールが出現する三ヶ月後まで、武将達と共に安土城に住むことになる。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
サイバード
掲載誌・レーベル
CYBIRD Books
ページ数
29ページ
電子版発売日
2020年08月19日
サイズ(目安)
20MB

新刊オート購入

漫画版 イケメン戦国 明智光秀編~この男、惚れれば地獄~02 のユーザーレビュー

レビューがありません。

漫画版 イケメン戦国 明智光秀編~この男、惚れれば地獄~ のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 漫画版 イケメン戦国 明智光秀編~この男、惚れれば地獄~01
    今度のお相手は「明智光秀」!?大人気恋愛ゲームアプリ、待望のコミカライズ第2弾!!服飾デザイナーとして転職が決まったご褒美に京都旅行を楽しんでいた水崎舞。本能寺跡地で突然雷に見舞われ、気を失ってしまった舞が目をさますとそこは燃え盛る本能寺だった。刺客に襲われそうになっていた人物を勢いで助けた舞だが、その男はなんと織田信長だった。そして、信長と一緒に危機を脱した舞の前に、“あの”明智...
  • 漫画版 イケメン戦国 明智光秀編~この男、惚れれば地獄~02
    本能寺で偶然織田信長を助けた舞に信長は「俺の女になれ」と告げる。思わず逃げ出した舞だが、敢え無く豊臣秀吉と伊達政宗に安土城に連れ戻される。城に忍び込んで来た佐助と再会した舞は、ワームホールが出現する三ヶ月後まで、武将達と共に安土城に住むことになる。
  • 漫画版 イケメン戦国 明智光秀編~この男、惚れれば地獄~03
    あれこれするうち武将と打ち解け城の暮らしに馴染む舞。切腹を迫る家臣たちから蘭丸を守る舞に光秀は、人を疑うことを知らない無垢さに惹かれるとともに、危なっかしい娘だとも思い、目をかけるように。 ある日舞は城下へ出掛け、義元、幸村と佐助と再開を果たすと佐助から「開戦が迫ってる。強い武将のそばにいるように」と忠告を受ける。翌日、国境の支城に謙信と信玄の同盟軍が攻め入ってきたという知...
  • 漫画版 イケメン戦国 明智光秀編~この男、惚れれば地獄~04
    戦は一旦引き分けになったが、戦の恐怖が忘れられずふさぎがちになる舞。光秀から、名目上は指南役として逃げ出さないよう見張られることになる。 光秀に乱世を生き抜く術を叩き込まれるうちに舞は恐怖心を忘れ活力を取り戻していくのだった。 そんな中、秀吉が心配して訪ねてくる。舞は秀吉から信長の右腕と左腕である秀吉と光秀の複雑な関係を知ることになるのだった。
  • 漫画版 イケメン戦国 明智光秀編~この男、惚れれば地獄~05
    城下で「惚れれば地獄。ただし、それを承知で彼に恋い焦がれる女は少なくない」という光秀の噂を聞いた舞は、からかわれても絶対真に受けないでおこうと気を引き締める。 情報収集をしていると、光秀の悪い噂を耳にしてとっさに擁護する舞。噂をしていた武士たちに詰め寄られたところに光秀が現れ助けてくれるのだった。そんな中、舞は光秀に反感をもつ家臣から光秀が情報を得るために「恐ろしい拷問を行っ...
  • 漫画版 イケメン戦国 明智光秀編~この男、惚れれば地獄~06
    史実は本能寺の変は光秀が首謀者だとされているが動機は解明されておらず、彼の半生・人柄は謎に包まれていることを佐助から聞く舞。裏切りの噂について光秀に聞くがはぐらかされ、善人か悪人か、謎が深まっていく。ある日、乗馬の訓練で二人で遠乗りしている最中、裏切りの噂に再度聞く舞。「俺の行いが善か悪かは、お前自身の尺度で見極めろ」と光秀の本音に触れ、心の距離がさらに縮まった気持ちになる...
  • 漫画版 イケメン戦国 明智光秀編~この男、惚れれば地獄~07
    続巻入荷
    光秀に届け物を頼まれた舞が御殿を訪れると、そばの路地裏で、光秀が何者かと密会しているのを目撃してしまう。本当に裏切ってるんじゃ、という疑わざるを得なくなる舞。そんな舞を口止めするため光秀は舞のバッグなどの荷物からただの町娘でないことを突き止め、互いの秘密を守るための取引を迫るのだった。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています