上馬キリスト教会ツイッター部の キリスト教って、何なんだ?―――本格的すぎる入門書には尻込みしてしまう人のための超入門書

上馬キリスト教会ツイッター部の キリスト教って、何なんだ?―――本格的すぎる入門書には尻込みしてしまう人のための超入門書

作者名 :
通常価格 1,386円 (1,260円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

「キリスト教」の世界一わかりやすい入門!

世界史を学ぶにも、文学を読むのにも、絵画を見るのにも、マンガを楽しむのにも必須の教養……。なのに、実際どんな宗教なのかはよく知らない。
そんな「キリスト教」について、twitterフォロワー10万人の超人気アカウントの中の人がゆる?く教えます!
とっつきやすく、面白く、だけどきちんとわかる本。

---

 この本は、キリスト教がどんなものかを知るための入門書……ではありません。世の中にはキリスト教の「入門書」がすでにたくさんありますけれど、その多くが「いやいや、これでもまだまだ難しいよ」とか「退屈で途中で挫折してしまう……」とか読む人に感じさせてしまうものです。
 もちろんそれらの本はとても素晴らしい本です。挫折せずに読めれば非常に楽しくもあります。が、その楽しさや素晴らしさに到達するためのハードルはなんやかんや言ってまだまだ高め……。
 と、いうわけで、皆様が手に取ってくださっているこの本は、そんな「入門書」を読む前に、キリスト教の基本的なところをざっくり知っておくための本、「入門書のための入門書」、言わば「超入門書」です。本書ではなるべくざっくりと、なるべく楽しく、キリスト教の基本を説明していこうと思います。気軽に読んでいただければ幸いでございます。
(――はじめに より)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
256ページ
電子版発売日
2020年07月30日
紙の本の発売
2020年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
12MB

上馬キリスト教会ツイッター部の キリスト教って、何なんだ?―――本格的すぎる入門書には尻込みしてしまう人のための超入門書 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年11月10日

    「義人はいない。一人もいない」
    クリスチャン=いい人のイメージが強い世の中。
    クリスチャンホームで育った私でさえそう思っていたが、それは幻想だと筆者は言う。
    いい人しか入れない教会があったら、そこは誰も立ち入れないことになるだろう。教会は「私はいい人じゃないです!」と認めた人が立ち入る場所である。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月24日

    非常に基本的、初歩的な事がうまくまとめられている。しっかりキリスト教を学んだ事は無かったが、概要を知ることが出来た。決して深く内容を知る本ではない。信者では無いのでこの程度で十分。まさに知りたかった事が書いてあった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月10日

    スラスラとすぐ読み終わった。
    これ一冊でキリスト教の全てがわかる訳ではなく、うっすら興味をもつ「きっかけ」程度の内容。
    すごく分かりやすく、なかなかクリスチャン本人には聞きにくい疑問への答えがざっくばらんに書いてあった。
    すごく分かりやすいのに、読み終わると結局分からなくなる。
    でも今はこれでいいの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月15日

    借りたもの。
    キリスト教の価値観をベースにした自己啓発本……
    今を生きる、等身大のキリスト教徒のゆるーい考え方を紹介している本と認識。

    教義の内容を学術的に解説したり、その宗派の解釈を一方的に主張した内容とは一線を画した内容が斬新で、ほっこりする。
    ゆるーい姿勢(寛容)こそ本来の“宗教”だと思いだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています