ヤマケイ文庫 ニッポン博物誌

ヤマケイ文庫 ニッポン博物誌

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

矢口高雄画業50周年。名著復活第一弾!
大自然の掟を厳粛に描きだす感動のドラマ集。
矢口高雄の隠れた名作『ニッポン博物誌』の初の文庫化! 730ページ以上の大ボリューム。

限りなく美しい日本の自然!
だが、その美しさの陰には、食うものと食われるもの、栄えるものと滅びゆくものの、あまりにも厳しい大自然の掟があった!!
しかし、悲しみにいろどられた争いのなかには、われわれ人間を深い感動の世界へいざなうドラマがある。
大自然のなかで懸命に戦い生き抜く動植物と、その生命の厳粛さを見つめた矢口美学の結晶。
全20編一挙収録。待望の文庫化。

第1話 ムササビ(空翔ぶ風呂敷)
第2話 バチネコの夢
第3話 カラスと老人
第4話 ケダニ先生奮戦記
第5話 マタギ犬“ノラ”
第6話 アオの寒立ち
第7話 カジカの夏
第8話 イタチビラめぐり
第9話 マルカケの銀次
第10話 バッケ
第11話 鷹の翁
第12話 ピヨちゃん
第13話 サルカ三十文
第14話 ホタルこい!
第15話 おやじ騒動記
第16話 納豆ロード
第17話 白髪太郎
第18話 イワナの恩返し
第19話 底なし沼の極小トンボ
第20話 市助落し

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
山と溪谷社
掲載誌・レーベル
ヤマケイ文庫
ページ数
738ページ
電子版発売日
2020年06月19日
紙の本の発売
2020年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
268MB

ヤマケイ文庫 ニッポン博物誌 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年06月21日

    矢口高雄『ニッポン博物誌』ヤマケイ文庫。

    今月のヤマケイ文庫の漫画作品3作の中の1作。初の文庫化で全20編一挙収録で730ページの大ボリュームで読み応えは十分。

    人間の生活様式の変化と利便性の追求により、失われ行く日本の自然。ひと昔前の日本にはどこかしこにも豊かな自然があり、容易に動植物の生活を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月28日

    自然の厳しい掟の中で生き抜く動物が生み出すドラマの20話。
    という謳い文句の『ニッポン博物誌』ですが、何より印象が強いのが「白髪太郎」。

    魚釣りに夢中になった矢口高雄少年の熱の入れようを書いているのですが、その中の自家製テグスを作る場面がどうにもいかん。
    蚕の身をほぐし腸腺を取り出してテグスを作る...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています