ウォークス 歩くことの精神史

ウォークス 歩くことの精神史

作者名 :
通常価格 4,950円 (4,500円+税)
獲得ポイント

24pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

アリストテレスは歩きながら哲学し、彼の弟子たちは逍遥学派と呼ばれた。
活動家たちはワシントンを行進し、不正と抑圧を告発した。
彼岸への祈りを込めて、聖地を目指した歩みが、世界各地で連綿と続く巡礼となった。

歴史上の出来事に、科学や文学などの文化に、なによりもわたしたち自身の自己認識に、
歩くことがどのように影を落しているのか、自在な語り口でソルニットは語る。
人類学、宗教、哲学、文学、芸術、政治、社会、
レジャー、エコロジー、フェミニズム、アメリカ、都市へ。
歩くことがもたらしたものを語った歴史的傑作。

歩きながら『人間不平等起源論』を書いたルソー。
被害妄想になりながらも街歩きだけはやめないキェルケゴール。
病と闘う知人のためにミュンヘンからパリまで歩き通したヘルツォーク。
ロマン主義的な山歩きの始祖・ワーズワース。
釈放されるとその足でベリー摘みに向かったソロー。
インク瓶付きの杖を持っていたトマス・ホッブス。
ラッセルの部屋を動物園の虎のように歩くウィトゲンシュタイン。
刑務所のなかで空想の世界旅行をした建築家アルベルト・シュペーア。
ヒロインに決然とひとり歩きさせたジェーン・オースティン。
その小説同様に大都市ロンドン中を歩きまわったディケンズ。
故郷ベルリンを描きながらも筆はいつもパリへとさまようベンヤミン。


歩くことはいつだって決然とした勇気の表明であり、
不安な心をなぐさめる癒しだった。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
左右社
ページ数
520ページ
電子版発売日
2020年06月12日
紙の本の発売
2017年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

ウォークス 歩くことの精神史 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月06日

    『まったく何もしないのは案外難しい。人は何かをしている振りをすることがせいぜいで、何もしないことに最も近いのは歩くことだ』―『第一章 岬をたどりながら』

    例えば「Skyscraper」という英単語が「超高層の建物」を指す言葉だと知った時に生じる小さな衝撃は、空という手の届かない絶対的な背景がペイン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月25日

    4連休ということで、ながらく積ん読していたこの本を一気読み。

    ルソー、人類の歩行の起源、巡礼、庭園の散策、迷宮、登山、観光旅行の発明、自然に対する美的価値の変化、都会における散歩、通行権をめぐる闘争、ベンヤミン、近代化と脱身体化、公共空間と女性、現代美術、ルームランナー、郊外、ラスベガスと盛りだく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月05日

    写真家の石田さんの池ノ上QuietNoiseの展示の後、アンディに誘ってもらって光春で飲むぞの会に呼ばれたので行ったらその席の隣で、谷口さんたちがこの本の読書会後の懇親会をやっておられて、「ウォークス」面白いよと紹介してもらいました。下のリンクにもあるように、520Pの大作です。「暗闇のなかの希望―...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月13日

    歩行の歴史を語るなかに作者が散歩をするモノローグが挿入され、まさに思考がふらふらと歩き回るような過程をたどる。
    歩く対象としての自然が庭から山まで様々なかたちに変奏・解釈され、果てに歩くことのできない郊外にたどり着くのが特に興味深かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月17日

    (01)
    誰もができることとは言えないまでも,多くの人間たちが行うことができることとして「歩くこと」が本書では取り上げられる.全17章は,プロローグやエピローグにあたる部分を除けば,ほぼ時代を追う構成となっている.
    古代ギリシアの哲人たちや近代のルソーやキェルケゴールといった哲学者たち,無文字の時代...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月20日

    「説教したがる男たち」「暗闇のなかの希望」が面白かったいきおいで、ソルニットの主著(?)ともいえる「ウォークス」を読んでみる。

    500ページと分厚いうえに、かなり圧縮度の高い文章がつづき、ボーと読んでると、すぐに文脈がわからなくなる。というわけで、結構な集中度を要求する。

    内容としては、「歩く」...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月15日

    歩くことの歴史をたどり、その意味、メタファー、文学作品の中に現れる場面と効果などを丁寧に考察しようとすれば、これくらいの枚数(490ページ)は必要になるだろう。

    なるほど『偏見と自負』でも、歩くことは大きな意味を持っている。
    また、歩行に関する慣用句やタイトルが多いことや、女性が街を自由に歩くこと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月06日

    歩くことを思索することがこれほど深いとは思ってもいませんでした。著者は反戦活動を盛んに行っていたからか,そうした反体制的な文章も多々出てきますが,ヒエラルキーのトップの思考ではなく,街角や森の中など,一般の庶民目線で歩くことをどう考えればよいのかを,これでもかというほど考えさせていただきました。ルソ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年04月11日

    「歩くこと」について。もちろんルソーがあり、ワーズワースが自然を歩く価値を見出し、巡礼の歩みはサンティアゴも富士山も(ついでに北斎の富嶽三十六景は優れた歩く絵画だといい)、女性が夜歩くことが禁じられた時代を語り、抵抗や革命意のデモ行進を語り、現代の車社会に物申す。古今東西、このテーマを自由自在に料理...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング