GAFAの決算書 超エリート企業の利益構造とビジネスモデルがつかめる

GAFAの決算書 超エリート企業の利益構造とビジネスモデルがつかめる

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

本書の3大特徴
特徴1:140点超の豊富なグラフ&チャートで「企業の強さ」が一目でわかる!
特徴2:外資系金融の最前線で取得した「プロの分析手法」が身につく!
特徴3:EC、広告、FinTech、クラウド…主要なビジネスモデルの「儲けどころ」がわかる!

本書は、米国の超優良企業を題材にした「決算書の読み方」を解説する1冊です。
頭打ちの日本のGDPとは対照的に堅調に成長し続けている米国経済。その発展を支えているのは、力強い数多くの企業の存在です。個別企業に目を向けても、米国優良企業は私たちの生活に欠かせないほどの影響力、シェアを握っています。その代表企業がGAFAです。彼らの強さの象徴である数字や財務指標、戦略を決算書から分析します。
本書のねらいの1つとして、彼らの競合となる日本企業の決算書と比較することで、規模や戦略の違いを分かり易く解説しています。
GAFAのほか、MicrosoftやNetflixなどのハイテク企業も扱い(米国では、NetflixやMicrosoftを含めて、FAANG(ファング)やGAFMA(ガフマ)と呼ばれることもある)、企業ごとの強みや戦略を明確にして、その根拠たる数値を、決算書を読み解きながら学んでいきます。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
かんき出版
ページ数
288ページ
電子版発売日
2020年06月17日
紙の本の発売
2020年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
17MB

GAFAの決算書 超エリート企業の利益構造とビジネスモデルがつかめる のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年01月01日

    GAFAと事業構造の近い日本企業の財務諸表を比較しながら、その特徴を紹介する。見るべき財務指標としては、日本とあまり変わらないことには安心した。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月05日

    GAFAを同じ事業を行なっている日本企業と決算ベースで比較した本書
    個人的にはシェアがまるで違うのと規模が異なるので、比較することに余り意味はないとは思っていますが
    こういった観点で学習すると会計視点、決算視点では勉強になるので、そういった意味では自分でやってみて本書を読むのが良いかもしれません。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

齋藤浩史 のこれもおすすめ