「山奥ニート」やってます。

「山奥ニート」やってます。

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

ひきこもりとなって大学を中退し、ネットを通じて知り合ったニート仲間と2014年から和歌山の山奥に移住。以来、駅から車で2時間の限界集落に暮らしている。月の生活費は1万8000円。収入源は紀州梅の収穫や草刈りのお駄賃など。インターネットさえあれば、買い物も娯楽も問題なし。リモートの可能性をフル活用し、「なるべく働かず、面倒くさい人間関係から離れて生きていく」を実現したニートが綴る5年間の記録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
光文社
電子版発売日
2020年06月05日
紙の本の発売
2020年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

「山奥ニート」やってます。 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年08月03日

    山奥の限界集落で共同生活する山奥ニート。必要な時に必要なだけ働き、好きなように時間を過ごす。
    憧れや理想ではなく、こういう生き方をしている人たちがいるということが、社会を生きやすいものにしているのではないかと思う。
    感銘を受けた一冊。

    「山奥ニート」という言葉が素敵。
    素敵なだけに独り歩きする怖さ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月04日

    和歌山県の限界集落。旧小学校校舎に暮らす15名のニートたちの心温まるストーリー。

    生活費月1万8千円。農家の手伝いなどどうにか生計を立てられる暮らし。ニートたちが気の向くままにお互いに過干渉せずに協力し合う。

    仕事や勉強、生活に追われる暮らし。社会生活に違和感を持つ彼らの方が実は正常に思えてくる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月11日

    生き方が素敵だなとおもいました。
    色々な生き方や働き方がある事を
    知れました。

    死は誰しも平等に訪れ、
    その際に幸福だったと思いたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月30日

    「ニート」と聞くとなんとなくパラサイト的な
    親に依存した引きこもりをイメージしてしまい
    ますが、そうではないです。

    著者も都会ではそうでしたが、限界集落とも言
    える山奥では、誰かに頼っている場合ではあり
    ません。

    かと言って「北の国から」のように電気も水も
    全て自然から、という訳でもなく、電気は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月05日

    YouTubeを見て知って、興味を持ったので読んでみました。地元のお話という側面もあるのだけれど。結論的には、考え方が今の世の中のずーっと先にいってる。飾らない一文、一文に引き込まれました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月17日

    著者の石井さんもpha さんのファンか。

    最初から最後までネタ切れがなく、一定のテンションで読み手を飽きさせない本だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月17日

    テレビ放送もあって、人気ですぐに空きが埋まってしまう状態のようです。そこで、その近くに新たな拠点を設ければいいような気がするのですが、なかなか難しいと思います。機会や人材に恵まれて実現したような気がするんですよね…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月31日

    和歌山県の山奥にある元・小学校校舎を使って、共同生活をしている人が、その生活を綴った一冊。

    「何かの宣伝だったり、何かのメッセージがあるわけじゃないです。これはただの生活(p.6)」
    と筆者自身が書いている通り、基本的にはどういう生活をしているのか、またそこに来た人たち(筆者含む)がどういう背景を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月19日

    この生活でうまくいっているということは、この生き方もありということ
    今までなかった生き方だ

    年取るまでこれでいけるのかわからないが、少なくとも若いうちはこの生き方でやって行けるということ

    自分も若くて結婚してなければ行っていたかもしれない

    ニートのひとりが言っていた亜人種として無理に人間に合わ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月09日

    ”じゃないほうのひと”というくくりにされている、
    NEATのみなさんが、和歌山の山奥で自分たちらしく、暮されている実話。

    似たもの同士が集まり、小さなコミュニティが生まれて、
    政治が発生して行く様子など、興味深かったです。

    ”じゃないほうのひと NEAT=not in education, em...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています