パンデミック・シミュレーション―感染症数理モデルの応用―

パンデミック・シミュレーション―感染症数理モデルの応用―

作者名 :
通常価格 1,738円 (1,580円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

2020年、世界は、新型コロナウイルスの脅威に曝されている。
同年3月12日、WHOはついに「新型コロナウイルスのパンデミック」を表明した。

2009年、世界は同様の危機に見舞われ、日本はさまざまな課題を突きつけられた。
私たちは過去の経験から一体何を学ぶべきだったのだろうか。
2009年を振り返り、危機管理というものを今一度考えてみたい方々に、ぜひ読んでいただきたい。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2009年4月28日、新型インフルエンザ(豚インフルエンザH1N1)が発生したことが公式に発表された。
本書は、すでに遠い過去となった新型インフルエンザ発生前の議論を記録した、いわば歴史書である。

歴史書としての本書を読んでもらいたい点は二つある。

第一は、シミュレーションは冬季を想定しているので、冬の流行においてなお有効な予測であること。
冬季の感染拡大予測を具体的にシミュレートしているので、「感染の拡がり方」「経済的な損失」といったことを直感的に見てもらえるだろう。
第二は、日本の危機管理体制に対する警鐘である。
この新型インフルエンザ対策では、発生してから戦略を再検討せざるを得ない状況に陥ってしまった。
対策の発生前の状況を伝えることで、戦略的視点に欠けると言われても仕方のない危機管理体制について、読者の方々と一緒に見つめ直すことができれば、本書の役割は十分に果たしたといえるだろう。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / デジタル機器
出版社
技術評論社
ページ数
200ページ
電子版発売日
2020年05月15日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
47MB

パンデミック・シミュレーション―感染症数理モデルの応用― のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める IT・コンピュータ

IT・コンピュータ ランキング