今からはじめるインシデントレスポンス――事例で学ぶ組織を守るCSIRTの作り方

今からはじめるインシデントレスポンス――事例で学ぶ組織を守るCSIRTの作り方

作者名 :
通常価格 3,168円 (2,880円+税)
獲得ポイント

15pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

あらゆる分野の企業にとって、インターネットをはじめとする情報技術がビジネスに不可欠であることは今さら言うまでもないでしょう。一方、マルウェア感染や情報漏えいとった緊急事態(インシデント)に対する備えは、「頭ではわかっているんだけど……」と遅れている組織も少なくないのではないでしょうか? 本書ではそうしたインシデントに対処する「CSIRT」(Computer Security Incident Response Team)を構築することで、組織のリスク管理能力を向上させる方法を解説します。ITへのリソースを十分に割けない組織でもインシデントに対処できるよう、求められる人材や立ち上げのステップ、実際の運用事例の紹介まで丁寧にフォローします。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / 情報処理試験
出版社
技術評論社
ページ数
256ページ
電子版発売日
2020年05月12日
紙の本の発売
2020年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
14MB

今からはじめるインシデントレスポンス――事例で学ぶ組織を守るCSIRTの作り方 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年01月01日

    平たく言うと「CSIRTの作り方/運営のやり方」に関する本です。
    しかしその本質は、インシデントに適切に対応でき被害を最小化できる体制と、緊急事態や大規模インシデントを未然に防ぐ体制を構築することです。
    本書に書かれているような内容を、経営層が「単にサイバーセキュリティに特化した話」のように限定的に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月06日

    そんなに読む分量は、ないと思います。
    必要に応じて、再度業務でページを開くという使い方かもしれません。

    各CSIRTで1冊購入して、まわし読みするのも良いと思います。

    成熟してるCSIRT のメンバーだと、既に知ってるわって、項目もあるかもしれません。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています