わたしが知らないスゴ本は、 きっとあなたが読んでいる

わたしが知らないスゴ本は、 きっとあなたが読んでいる

作者名 :
通常価格 2,420円 (2,200円+税)
獲得ポイント

12pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

人生は短く、読む本は多い――「運命の一冊」をモノにする方法とは?

「本を探すな、人を探せ」
「本屋は出会い系、図書館は見合い系」
「本棚を無限にする方法」
「5万円の本を5千円で手に入れるには」
「読書本から盗んだ技術で、その読書本の論理破綻や誤読を探せ」
「ゴミみたいな“大人の教養”は捨てておこう」
「『あとで読む』はあとで読まない」

かつてない本の味わい方を名著の数々とともに伝える、日本最高峰の書評ブロガー初の著書。

【特別付録】「読書は毒書」禁断の劇薬小説+トラウマンガリスト

ジャンル
出版社
技術評論社
ページ数
392ページ
電子版発売日
2020年05月07日
紙の本の発売
2020年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

わたしが知らないスゴ本は、 きっとあなたが読んでいる のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月29日

    堪能した。すなおに読んでいるのが楽しい。この作者とはもう何年おつあいしているだろう。もちろんブログでの話しである。流行のころはアルファブロガーなんてもてはやされていた人は今やどこにいったのやら。そんななかでこの作者は己の道をぶれることなく、歩んでいる。題名こそ同じであるが、この本はブログのまとめ本で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月18日

    読書術、オススメのスゴ本、生きるとは死ぬとは、子供との向き合い方は……。
    本で問題のすべてを解決できなくても、読み終わったときには自信に満ち溢れた自分がいるはず。
    自分にとっては、この本こそが一生モノのスゴ本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月17日

    良い書物に出会うために、と思って読んだらバッチリでした。
    ここで紹介された何冊かを、めぼしつけて読んだら、どれもあたりでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月12日

    読書好き、時間ができたら本でも読みたいと思っている人に向け、
    自分にとって最高だと思う本を見つけるための方法を伝授する本。

    自分が思っているよりずっと自分の世界は狭い。だから人の助けを借りる。
    そして材料をそろえて自分で判断する。

    著者は「生は有限。読むことのできる本の数は限られている」と何度も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月30日

    本について本好きな作者が様々な角度と視点を通して語る。
    ブログにあるような本の紹介よりも。作者から見る本という視点がより明確になっている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月07日

    書評ブログを運営するdainさんの著書。
    書評してるからか様々な書籍の引用も多く、読み方や本の選び方みたいなのをまとめられている。

    個人的には読み方に関してを淡々と書き連ねる本が多く、内容も知っている内容ばかりでうんざりしていたからもう読まないだろう、と思っていた時にたまたま手に取ったのがこの本。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月08日

    文体のクセは強いが信頼できる書評ブロガーさん。
    単著が出るまで続いてるっていうのもまずすごく、読書論が興味深い。
    良くも悪くも、読書をこれだけしてる人が到達できる場所というふうに考えて読むのも興味深い。いやほんと良くも悪くも。

    付録の劇薬本一覧がブログからアップデートされてないのが残念なのと、お勧...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月19日

    *まだきちんと読むことは出来ていないが、今の自分は資料として読みたかった本なので、必要なところだけ読んでみた
    *好きな本を好きな人を探して広げていくという考え方は参考になった
    *読書術や読むこと書くこと等についての著者の批評は、学術的かつ数々の引用があり、自分には難解で、読むのが面倒に感じた

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています