教科書抹殺 文科省は「つくる会」をこうして狙い撃ちした

教科書抹殺 文科省は「つくる会」をこうして狙い撃ちした

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

自虐史観の極致・文科省!


完全解説・歴史教科書検定「不正の構図」

□検定官を実名告発!

・天皇と皇室をどうしても認めたくない願望

・近代日本国家の歩みを否定したい難癖

・中国・韓国への忖度で「新・近隣諸国条項」復活!

・共産主義批判を許さない思想偏向 ほか

ジャンル
出版社
飛鳥新社
ページ数
320ページ
電子版発売日
2020年04月28日
紙の本の発売
2020年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
130MB

教科書抹殺 文科省は「つくる会」をこうして狙い撃ちした のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月03日

    これはひどい!
    まさに、「つくる会」教科書を不合格にして抹殺する意図が見え見えです。
    自虐史観へ戻そうとするでたらめな検定。
    自虐史観に基づいた中国・韓国への忖度、共産主義批判を許さない思想偏向など、100件の具体的事例を挙げて解説します。
    なかでもひどいのが、前回の検定ではOKだったものが、今回は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています