子供の一生を幸せにする24の食育術

子供の一生を幸せにする24の食育術

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

本書はアグネス・チャンさんが初めて記した、子育て「食育術」の一冊です。
3人の息子さんがスタンフォード大学に入学したことでも知られていますが、その子供たちの明晰な頭脳と健康な体を、食を通してどう育んだのか?
そのすべてが24の章でつづられています。
どんな時に何を食べるといいのか、何が悪いのかといったことはもちろん、食べ物を介して親子のコミュニケーションの方法、大切さも語られています。
さらに、巻末にはいつもの食材で簡単に作れる、アグネス家のレシピを効能別に掲載。
著者本人も「子育て中のママはもちろん、パパにもぜひ読んでほしい。満足できる一冊に仕上がりました」と語っています。
近年、さまざまな角度から食の安全性、大切さに注目が集まっています。
そんな現代だからこそ知ってほしい知識を、アグネスさんならではのユーモアと温かさで包んだ本書。ぜひ手に取ってご覧ください。


<目次>
はじめに
食の教育は活きる教育

Chapter1
子供が生まれる前から子供のためにできる食べ方

Chapter2
産後の体をいたわる食べ物

Chapter3
母乳はお母さんが作り出す最強な食事

Chapter4
離乳食は一生影響します

Chapter5
無意識の時期

Chapter6
8歳からの脳の選別で14歳でオンリーワン

Chapter7
食べさせる前に我が子の体質を知る

Chapter8
何を食べさせればいいのか?

Chapter9
何を控えればいいのか?

Chapter10
食事の変化で脳を刺激する

Chapter11
弁当は愛情のコミュニケーション

Chapter12
夕食を1日の最高な時間に

Chapter13
独食は絶対にさせない

Chapter14
料理は学習力を高められる

Chapter15
食べ物でお祝い

Chapter16
好き嫌いがあっても慌てない

Chapter17
食が細い原因を探ろう

Chapter18
我が子は太り過ぎ?

Chapter19
風邪対策

Chapter20
眠れぬ夜

Chapter21
脳に良い食べ物

Chapter22
家事の中で料理の優先順位は高い

Chapter23
家ご飯に友達を呼ぶ

Chapter24
コンビニをうまく使う

おしまいに


- Agnes Recipe -
サツマイモの糖水
人参水
蒸し魚
お粥:レバーと肉団子
豆乳、卵と銀杏の糖水
卵とトマトのスープ
お茶の卵
オランジェット~チョコとオレンジの皮のお菓子
キャベツと豚肉の餃子
レタス、ブロッコリー、ほうれん草の炒め物
炊き込みご飯青梗菜と豚肉
レンコンと豚肉、干し椎茸のスープ
りんごと豚肉のスープ
梨と豚肉のスープ
冬瓜、干しエビ、豚肉、椎茸のスープ
生姜と鶏肉の炒め物
手羽先と栗の煮物
苦瓜と豚肉の炒め

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
ぴあ
ページ数
212ページ
電子版発売日
2020年03月16日
紙の本の発売
2020年03月
サイズ(目安)
12MB

子供の一生を幸せにする24の食育術 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年03月14日

    食育の本が読みたかったけど、どれがいいのか分からなくたまたま手にした本。
    失礼ながらアグネスさんのことをあまり存じ上げてなかったのに最初に選んだ食育の本がこれで本当によかった!
    知識になること、真似したくなること、尊敬するようなことがたくさん詰まっていて、
    定期的に読み返して忘れないようにしたいと思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月13日

    当たり前のことだけど、出来ていないこともある。
    アグネスの本は押し付けではなく、出来ることから始められる。
    子供にやってあげたいことばかり。少しずつでも始めて行こう!そんな気持ちにさせてくれた優しい本でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月12日

    衣食住何に重きを置いて生きていくかは人それぞれだと感じた。
    どんな食べ物を積極的に取るか、取らないかという考え方もやはりいろいろあって1つに決めることができなさい。
    その中で家族の健康と食の楽しみという2つの折り合いをつけながら、できる限りの愛情を伝えていくのは母としての大事な役割だと感じた。
    そし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月16日

    アグネスチャンの子育て法を参考にしたくて彼女の著書をほとんど読んでるため、内容は他のものとほとんどかぶっていたけど、彼女がいかに子育てにおいて食事を大切にしていたかがよくわかった。

    食事の大切さ、楽しさを子供に教え、
    忙しい中でも食事を最重要事項に置いている。

    中でも印象的だったのは、子供たちが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月04日

    アグネスさんの子育てはとにかく子供への愛情がいっぱい。
    バリエーション豊かな食事で子供の脳を刺激して、味覚を育て、季節の行事をお祝いする。食事って栄養面だけじゃなく色んなことを子供に教えてくれるんだなぁ。でももちろん親の努力が必要だけど。
    お弁当がマンネリにならないように工夫をしたり、中国・日本・ア...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月21日

    率直な感想。すごいなー!!全て真似はできないけど、できそうな事から取り入れてみようと思った。
    食べたら体に悪いものなど。手作りふりかけとかなら、できそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月08日

    手作りふりかけを作ろうと思った
    孤食をさせないようにしようと思った
    ジュースはハイになるからできるだけ辞めさせようと思った

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2022年04月01日

    「スタンフォード大に三人の息子を合格させた50の教育法」を読んで、仕事しているのにここまで子育てに力を入れられるのがすごいなと思った。本書を手に取ったのは、特に食育について具体的にレシピなどが知りたかったから。

    表紙をめくると、まず妊娠中の食事についてから始まる。食育ってそこから!?が最初の感想。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング