「畳み人」という選択――「本当にやりたいこと」ができるようになる働き方の教科書

「畳み人」という選択――「本当にやりたいこと」ができるようになる働き方の教科書

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【内容紹介】
幻冬舎で「あたらしい経済」編集長や関連会社の役員を兼務し、Voicyで総再生回数60万回突破した人気パーソナリティ、初の著書!
「畳み人(たたみにん)」とは、仕事のアイデアを実行可能な状態までに設計し、着実に実行に移す人を指します。
ビジネスにおいて突飛なアイデアの大風呂敷を広げる経営者やリーダーを「風呂敷広げ人」とするならば、この本で定義する「風呂敷畳み人」は、そのアイデアを着実に実行する(畳む)リーダーに対する「名参謀」や「右腕」のような存在。これからの時代に求められるのは、リーダーをサポートしながらときにチームの先導役、ときにプレイヤーとして変幻自在に活躍する「畳み人」ビジネスパーソンなのです。
幻冬舎のカリスマ社長・見城徹氏や、メディアで話題の編集者・箕輪厚介氏が次々に立てる突飛なプランを影ながら実行に移してきた著者が、これまでに培ってきた「畳む技術」を惜しげもなく披露するのが本書です。

【著者紹介】
[著]設楽悠介(しだら・ゆうすけ)
株式会社幻冬舎編集本部コンテンツビジネス局局次長
/あたらしい経済編集長
1979年生まれ。明治学院大学法学部卒。マイナビを経て、幻冬舎に入社。同社でコンテンツビジネス局を立ち上げ、電子書籍事業・WEBメディア事業・コンテンツマーケティング・新規事業等を担当。仮想通貨・ブロックチェーンに特化したメディアプロジェクト「あたらしい経済」を創刊し編集長に。マンガ出版の幻冬舎コミックス、CAMPFIRE との合弁会社エクソダス、その他関連企業の取締役を複数社兼務。またエン・ジャパンの新規事業「pasture」のアドバイザーも務める。個人としてNewsPicks 野村高文氏とのビジネスユニット「風呂敷畳み人」を組み、Voicy で「風呂敷畳み人ラジオ」の配信や「風呂敷畳み人サロン」など、数々のビジネスコンテンツを発信。イベント登壇やメディア出演も多数。またサウナ好きがこうじて「サウナサロン」も主宰。

【目次抜粋】
はじめに
第1章◆畳み人が求められている理由
・畳み人はAI時代にこそ需要が高まる存在
・畳み人は仕事でモテる/ほか
第2章◆畳み人の仕事術
・広げ人のアイデアをはじめは一緒に面白がれ
・アイデアの共犯者になって、軌道修正できるポジションを取れ/ほか
第3章◆畳み人のチームビルドとマネジメント術
・仲間を集める時は、スペックより「伸びしろ」を最優先に考えよ
・広げ人の熱量の伝道師であり、翻訳者であれ/ほか
第4章◆畳み人になるための仕事の基礎
・報告や説明にはくどいくらい主語をつけよ
・会議は30分もあれば十分
第5章◆畳み人こそ最高の広げ人になれる
おわりに

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネススキル
出版社
プレジデント社
ページ数
232ページ
電子版発売日
2020年03月02日
紙の本の発売
2020年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

「畳み人」という選択――「本当にやりたいこと」ができるようになる働き方の教科書 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年02月06日

    「畳み人」という選択 「本当にやりたいこと」ができるようになる働き方の教科書
    著:設楽 悠介

    「畳み人」とは、経営者や上司の突飛なアイデアを、実現可能な状態まで設計し、着実に実行に移す人。時にはいちプレイヤーとして、変幻自在に活躍するビジネスパーソン。リーダーの傍にいる名参謀や右腕、様々な部署・取...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月01日

    自分の役割が何者かを表す時この「畳み人」という言葉が非常にしっくりきた。レベルはまだまだかもしれないが、最強の畳み人を目指したい。
    広げ人の隣に常に存在する畳み人。アイデアを具現化するプロフェッショナルともいえよう。様々な成功の影にいた存在が気になってくる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月29日

    自分の職業柄、「畳み人=税理士」「広げ人=顧問先社長」と読み変えて拝読。
    この本を通じて、①税理士の存在意義、②顧問先社長とのコミュニケーション方法、③税理士としての仕事術、を再考しました。
    職業や立場に関わらず、自分を見つめ直す良いきっかけになる内容だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月23日

    広げ人と仕事をする上で大切なメンタル面での向き合い方について知ることができた。

    これから一緒にパートナーとして仕事をしていくこのタイミングでこの本に出会えてよかった!

    最も大切なのは、広げ人のワクワクに共感しつつ熱量を落とさないように持っていくか。
    知らず知らずのうちに自分の考えが全て正しいと思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月01日

    地味な作業の積み重ねが大半の仕事の中で、新規事業プロジェクトの立ち上げやスタートアップでバリバリやっている同級生に憧れることもあるけれど、人にはそれぞれ飛ぶべきタイミングがあり、その時にちゃんと飛べる筋肉を鍛えておくこと=畳み人スキルを磨くことが大事だとこの本は教えてくれている。

    畳み人としてのマ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月07日

    畳み人というポジション、考え方。
    参謀、右腕と言われたりする。
    今までは社長のことを何でも聞く、悪い意味で犬みたいな存在だと思っていたが、そのポジションこそ成果を決める重要なポストであり、大変な仕事であると認識した。
    目の前にある仕事を形にしていくこと。リーダーとその周囲をうまくつなげ、目的にそって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月04日

    畳み人の役割は広げ人の戦略を実行可能な単位に落とし込むこと、経営層とチームメンバーの間に立つ伝道師で翻訳者であること。
    自分の夢を達成するのも勿論だが、夢を持った人の夢を広げられる人間になりたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月08日

    ビジネスの世界には
    やりたいことをとにかく広げる広げ人と
    広がったやりたいことを形にする畳み人が存在する。

    どちらの役割も被る事はなく、大切な存在。

    畳み人の役割は、大変かっこよく、
    プロジェクトを始めた人のことを献身的に支える。

    彼らがいなくては、成功はない。

    自分の側に、畳み人を

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月29日

    仕事の進め方の参考になればと思い読んでみた。
    ①広げ人のアイデアを面白がるところから。
    ②畳み人は広げ人の伝道者であり翻訳者。
    ③畳み人はチームメンバーの良き理解者であれ。
    ④畳み人はリスクに敏感に。
    ⑤畳み人は嫌われないよう、挨拶、お礼、相手の名前を呼ぶ。
    ⑥報告や説明にはくどいくらい主語をつけよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月31日

    企画を実行に移していくところで活躍する人「畳み人」。企画を作る人を「広げ人」と呼んでいる。確かに実行を着実にやる人の方が企画を作る人よりも引っ張りだこな気がしている。


    アイデアの面白いところを探す。共感できるポイントが見つかれば、大いにそれを面白がる。懸念事項を持って止めないこと。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています