魔弾の王と聖泉の双紋剣(カルンウェナン) 5
  • 最新刊

魔弾の王と聖泉の双紋剣(カルンウェナン) 5

作者名 :
通常価格 759円 (690円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

ティグルたちは激闘の末に魔物ストリゴイを滅ぼし、アスヴァール全土に広がっていた影法師の災禍はようやく終わりを告げた。決戦が迫る中、ギネヴィアは親友リネットの死から立ち直れずにいた。かけるべき言葉が見つからず、彼女を見守るティグルたちの前に猫の王ケットが現れる。同じころ、アルトリウスは魔物との戦いで重傷を負ったサーシャを見舞っていた。そして悪しき精霊マーリンは、はるかな高みから両軍が激突する瞬間を待ち受ける。数多の夢が渦を巻く中、古の英雄と今の英雄が対峙し、アスヴァールの未来を決める一戦がまもなくはじまる。ティグルとリム、ギネヴィアの先にあるものは、はたして何か。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / ダッシュエックス文庫DIGITAL
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
ダッシュエックス文庫DIGITAL
ページ数
324ページ
電子版発売日
2021年08月25日
紙の本の発売
2021年04月
サイズ(目安)
9MB

魔弾の王と聖泉の双紋剣(カルンウェナン) 5 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

魔弾の王と聖泉の双紋剣(カルンウェナン) のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 魔弾の王と聖泉の双紋剣(カルンウェナン)
    ライトメリッツ公国の戦姫・エレンの下で働く弓使いの青年・ティグルと、エレンの副官・リム。故あって二人はいま、ジスタートに突如攻め入ってきた敵国・アスヴァールの真っ只中で孤立していた。そこで二人は、アスヴァール王女ギネヴィアから、信じられない話を聞かされる。三百年も昔の人間であるはずのアスヴァール建国者・アルトリウスが突如として蘇り、瞬く間に国を掌握してしまったというのだ。ギネヴィアに協力することになった二人だったが、その前に、ティグルを上回る弓の力を持ち、そしてティグルのことを「今代の王」と呼ぶ謎の男が立ちはだかり――。異国の地で、ティグルとリムに恐るべき敵が迫る。
  • 魔弾の王と聖泉の双紋剣(カルンウェナン) 2
    黄泉返りし戦姫サーシャがティグルの前に立ちはだかる ティグルとリムはアスヴァールの王女ギネヴィアに助力し、三百年前から蘇った始祖アルトリウスと戦うことを決意する。そしてついにギネヴィア派と偽アルトリウス派の決戦の火蓋が切られた。 会戦でティグルたちの前に立ちはだかる敵将は、かつてのジスタートの戦姫、サーシャと呼ばれていた女性。 「僕は死んで、蘇った」神器を持つサーシャの圧倒的な剣技と体術に苦戦を強いられるティグルたち。彼らの苦境を救ったのは、あまりにも意外な人物だった。 「空間を渡るエザンディスの力か」円卓の騎士サーシャの言葉と共に、戦いは更なる次元に突入する!
  • 魔弾の王と聖泉の双紋剣(カルンウェナン) 3
    ギネヴィア軍の先遣隊は、アルトリウスの軍勢の奇襲を受けて敗れ去った。敗走する兵たちを助けてまわっていたティグルとリムは、双紋剣と『猫の王』ケットの導きにより、古の時代に建てられた神殿にたどりつく。神殿に漂っていた力の残滓が二人に見せたものは、約三百年前の光景だった。アスヴァール島を統一せんと戦を重ねる若きアルトリウスの姿が、そこにあった。一方、先遣隊を破った円卓の騎士サーシャは、とある命令を受けて軍と別行動をとる。彼女でなければ解決できない怪事件が、アスヴァール島の片隅で起きていたのだ。戦場から遠く離れた地で、ティグルたちは戦いの行方を大きく変える出来事に遭遇する。
  • 魔弾の王と聖泉の双紋剣(カルンウェナン) 4
    魔物ストリゴイの脅威。アスヴァールの争乱は新たな局面へ―― アスヴァールの地に現れた新たな魔物ストリゴイ。サーシャの助力もあり、ティグルとリムはからくも魔物を撃退したものの、滅ぼすまでには至らなかった。一方、傷の癒えたストリゴイは影法師の大軍を組織しアスヴァール全土を襲う。ギネヴィア軍、そしてアルトリウス軍はストリゴイを最優先の脅威と見なし、その戦いに全力を傾けることに。 戦姫ヴァレンティナを仲間に加えたティグルとリムはストリゴイを追うのだが、アスヴァールを取り巻く争乱の嵐は、ついに海を越えてブリューヌをも巻き込んでいくこととなっていく――。
  • 魔弾の王と聖泉の双紋剣(カルンウェナン) 5
    ティグルたちは激闘の末に魔物ストリゴイを滅ぼし、アスヴァール全土に広がっていた影法師の災禍はようやく終わりを告げた。決戦が迫る中、ギネヴィアは親友リネットの死から立ち直れずにいた。かけるべき言葉が見つからず、彼女を見守るティグルたちの前に猫の王ケットが現れる。同じころ、アルトリウスは魔物との戦いで重傷を負ったサーシャを見舞っていた。そして悪しき精霊マーリンは、はるかな高みから両軍が激突する瞬間を待ち受ける。数多の夢が渦を巻く中、古の英雄と今の英雄が対峙し、アスヴァールの未来を決める一戦がまもなくはじまる。ティグルとリム、ギネヴィアの先にあるものは、はたして何か。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています