神社のどうぶつ図鑑

神社のどうぶつ図鑑

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

神社の動物に隠されたひみつ。
動物がもたらすご利益とは――?

神社を訪れると、狛犬やキツネなど様々な動物の像を見ることができます。
「どうして動物がいるのか?」
不思議に感じている人も多いことでしょう。

これらの動物は神に仕えるものと考えられ、神使あるいは眷属(けんぞく)といわれています。
姿を現さない神々の代わりに、ゆかりのある動物が神の意志を人々に伝えると考えられてきたのでした。
本書は神使として祀られている54種類の動物の由来やご利益、動物を大切に崇めている日本全国約162の神社を紹介しています。

その動物たちは様々。
そして動物たちに込められている願いも様々。

諸願成就、商売繁盛、金運向上、盗難・火難除け、魔除け、厄難消滅、安産・子育て、縁結び、祈雨・止雨、病気平癒、交通安全、天下泰平、延命長寿、開運・招福……etc.

身近な神社に意外な動物が祀られていることに驚くはずです!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
二見書房
ページ数
144ページ
電子版発売日
2020年01月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
85MB

神社のどうぶつ図鑑 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年04月30日

    神社にまつわる動物達。今までそこまで深く考えた事は無かったけれど、どんなご縁があってその神社にまつわるようになったのか詳しく丁寧に書かれていた。
    知っているようで知らない話が沢山あって勉強になった。神社にお参りに行った時は周りもゆっくり見てどんな動物が居るのか確認したいと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月23日

    神社巡りは趣味ではないけれど、お参りの時にはそこにいる動物達につい見入ってしまう。古来日本人は動物を神聖視してきたとあるけど、神社の動物とは言え特別に見てしまうのはやっぱり自分にも日本人のDNAが流れている!とか思ったり…

    本書をパラパラ見ているだけで、ご利益まではいかずともヒーリングパワー(とり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月01日

    神社の霊獣や動物との関わり、由来を分かり易く紹介。
    序章 どうして神社に動物がいるのか?
    第壱章 陸の生き物・・・キツネ、サル、オオカミなど、20種。
    第弐章 水辺の生き物・・・カメ、タイ、コイ、タコなど、11種。
    第参章 空の生き物・・・カラス、キジ、タカ、ツルなど、14種。
    第肆章 霊的な生き物...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年07月31日

    本を読んでいて、思い出した事。

    大國魂神社の烏団扇は、寿司めしをさます時にパタパタ使ってました。熊野大社の勝守りは、頼まれて大量に買って帰ったなぁ~。

    江戸時代お女郎さんの約束に使われていた
    「牛王宝印」約束をやぶったら、烏が死ぬシステムって、どこから?


    「うそ」は可愛い鳥で、おみくじを咥え...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月27日

    神社で見ることができる動物の図鑑。よく見る動物と、そんな動物いるのかという動物がいる。
    2021/5/27

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月22日

    神として祀られる動物たちの紹介。
    サラッと簡単にまとめてあるので、気楽に読める。
    神社を楽しんだり興味を持つきっかけに良いのでは。
    「詳しく知りたい!」を満たすには足りないかも…。

    日本人は自然とともに生き、あらゆる動物の特性を敬い生きてきたんだなと改めて感じる。
    信仰の薄れた今日でも、自然や動物...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 雑学・エンタメ

雑学・エンタメ ランキング