国家と道徳 令和新時代の日本へ

国家と道徳 令和新時代の日本へ

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

あの戦争が終ってから74年。日本は経済的には繁栄を極めた。しかし、国民の心はどうなったのか。
GHQによってもたらされた「戦後民主主義」は、本当の民主主義とちがって、個人の自由、平等ばかりを主張し、義務や責任を蔑ろにするものだったのではないか。
家族や国家といった、私たちが属するもっとも基本的な社会は解体され、国民の心は「自分オンリー」になってしまった。

大正15年に廣池千九郎によって創設されたモラロジー研究所は、日本の道徳研究の総本山とも言える。その4代目の理事長である筆者は、平成から令和への御代替りを期に、道徳によって、もう一度、日本国民の心を取り戻そうと決意した。

――民主主義を支える理念である自由と平等をモラルという側面から見直してみる、そして、われわれが属する家庭、学校、社会、国家、国際社会といった人間の集団の課題について、道徳的な解決策を考えてみたい。(「はじめに」より)

渾身の書き下し、ついに完成!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
168ページ
電子版発売日
2019年11月28日
紙の本の発売
2019年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

国家と道徳 令和新時代の日本へ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年06月05日

    櫻井よしこさん推薦という帯に惹かれて買いました。
    これまで国家や天皇について考えたことはあまりありませんでしたが、本屋でふと目に留まり、この機会に日本人として最低限持っておくべき、国や天皇についての理解を深めようと、読んでみました。
    推薦文の通り、爽やかで丁寧な言葉で綴られた読みやすい本です。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています