独立愚連艦隊 空母陸奥ミッドウェイに参戦す!

独立愚連艦隊 空母陸奥ミッドウェイに参戦す!

作者名 :
通常価格 330円 (300円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

空母陸奥とはみ出し野郎たち!!数奇な運命をへて空母に改装された『陸奥』。山本長官の密命によりミッドウェイに出撃するが、任務は囮。だが、愚連艦隊と恐れられる猛者たちが、そんな任務を黙って受け容れるわけがない。奇襲得意の大官寺少将に率いられ、激闘続くミッドウェイ海域に幾多の波乱を巻き起こす!!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 戦記(フィクション)
出版社
コスミック出版
掲載誌・レーベル
コスモノベルズ
ページ数
196ページ
電子版発売日
2019年11月29日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

独立愚連艦隊 空母陸奥ミッドウェイに参戦す! のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

独立愚連艦隊 のシリーズ作品 1~8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • 独立愚連艦隊 空母陸奥ミッドウェイに参戦す!
    空母陸奥とはみ出し野郎たち!!数奇な運命をへて空母に改装された『陸奥』。山本長官の密命によりミッドウェイに出撃するが、任務は囮。だが、愚連艦隊と恐れられる猛者たちが、そんな任務を黙って受け容れるわけがない。奇襲得意の大官寺少将に率いられ、激闘続くミッドウェイ海域に幾多の波乱を巻き起こす!!
  • 独立愚連艦隊 2 ガダルカナル島奪還上陸敢行す!
    アメリカ太平洋艦隊から捕獲、改造した特設巡洋艦『普賢』と万能水上戦闘機『麗雲』を戦力に加え、新編成なった愚連艦隊。意気揚々と思いきや、新兵たちに振り回されて、混乱のうちに出陣とあいなった。今次作戦は、山本五十六大将直卒の陸海軍初めての合同軍事行動だ。悲願のガダルカナル島奪還にむけて、帝国連合艦隊が南海の蒼い波涛を蹴り進む。愚連艦隊も堂々の出陣、陸戦隊もガ島上陸を果たし大戦果...
  • 独立愚連艦隊 3 宿敵見参!!米タイフーン艦隊
    オーストラリア、ニュージーランド両国との講和に大きな役割を果たした愚連艦隊は、晴れて正規の独立特務艦隊に昇格。南洋海戦で接収した戦艦ワシントンをはじめとする最新軍備を用いて戦力を増強し、連合艦隊司令長官・山本五十六大将の悲願であるハワイ攻略作戦に出撃する。一方、米軍は貴族出身のエリート海軍大佐アランが私費を投じて率いるタイフーン艦隊を擁し全面対峙。南太平洋に新たな嵐の予感が...
  • 独立愚連艦隊 4 アメリカ本土上陸㊙大作戦
    昭和十八年暮れの大和の特攻により壊滅的打撃を受けたアメリカ太平洋艦隊司令部は、本土西海岸に後退せざるをえなかった。一方、わが帝国海軍も戦力の大半を喪失していた。しかしながら、独立愚連艦隊は依然として健在である。今では陸海軍に次ぐ第三軍として艦首に菊の御紋章を戴く堂々とした軍隊であった。大本営もついにその実力を認め、連合艦隊主力を囮としてパナマ運河を攻撃させ、愚連艦隊に主作戦...
  • 独立愚連艦隊 5 閑中忙アリ!?愚連艦隊の休日
    昭和20年春、惨めな敗退をつづけるアメリカ軍は、乾坤一擲、ストライクバック「逆襲」作戦を発動した。大日本帝国に占領され独立したハワイ王国の奪還を目論んだものだが、真の狙いは、休養する愚連艦隊司令長官・大官寺を捕虜とし、アメリカ最大の軍産複合企業シュナップ社のオーナー・グランドの一人娘・マリアと人質の交換をすることにあった。アメリカ軍の奇襲は在ハワイ駐留日本軍に多大な損害を与え...
  • 独立愚連艦隊 6 最大の敵あらわる!
    愚連艦隊の活躍により環太平洋共栄圏も無事に発足、平和な時が流れている。大官寺長官ものんびりと常夏ハワイを満喫していた。だが、この間トルーマン大統領とシュナップ帝国の総帥グランド親父は着々と海軍再建に取り組んでいた。大官寺もそんなことは百も承知だが、作戦を下令しようとはしない。さて昭和20年6月、日米両海軍による一大海戦の火蓋が切って落とされようとしていた。パナマ運河を通過した我...
  • 独立愚連艦隊 7 ドイツの科学は世界一
    昭和20年8月、愚連艦隊最高司令部(GHQ)は中南米のハバナにある。司令長官・大宮寺重蔵大将は美女を侍らせご機嫌だった。しかしながら、裏では大変な策謀が進行していた。なんとアメリカ合衆国大統領トルーマンがドイツ第三帝国のヒトラー総統と手を結び、今や環太平洋国家共同体の主護神となった愚連艦隊に決戦を挑んできたのである。アメリカ軍の主力はハルゼー提督とアラン。ドイツ海軍は至宝といわれた...
  • 独立愚連艦隊 8 最終話 愚連よ永遠に!
    昭和21年に入り世界はようやく穏やかな時代を迎えようとしていた。大官寺元帥率いる愚連艦隊最高司令部(GHQ)は来たるべきナチス・ドイツとの最終決戦にむけての準備に余念がなかった。アメリカとの同盟に調印し、後顧の憂いを払拭すると、寺中雪之丞大佐を司令長官代理に任命し、大艦隊をもってノルマンディー上陸作戦に挑むことになったのである。ドイツ海軍を率いるレーダー元帥は超戦艦アドルフ・ヒトラ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています