「奴隷」になった犬、そして猫

「奴隷」になった犬、そして猫

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

6pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「猫は照明を1日12時間以上あてると、年3回は産める」。ペット流通の闇を暴いた『犬を殺すのは誰か』から約10年。犬に続き、空前の猫ブームではじまった増産態勢。「かわいい」「いいね」の裏側で消えてゆく命。信念の取材が暴く、人間の愚行と、理不尽な社会。

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
ページ数
445ページ
電子版発売日
2019年11月21日
紙の本の発売
2019年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
17MB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています