ボッチのオタクである俺が、学内屈指の美少女たちに囲まれていつの間にかリア充呼ばわりされていた2
  • NEW
  • 最新刊

ボッチのオタクである俺が、学内屈指の美少女たちに囲まれていつの間にかリア充呼ばわりされていた2

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
紙の本 [参考] 770円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ボッチでオタクの神崎海斗は、親の再婚で桃井咲姫・桜の美少女姉妹と家族になる。西条雲母の悪意に晒された咲姫の窮地を、隠していた機転と大胆さを発揮して救い出した海斗。少し咲姫との距離が縮まったが、なぜか雲母からの「彼女になってあげる」宣言!! 海斗に懐いていた桜はダークサイドを覗かせるし、やきもきした咲姫も猛アタックを開始! 海斗のボッチライフが引き続き大ピンチ!そんな中、海斗は大財閥傘下の企業からプログラミングの依頼を受ける。打ち合わせに赴いた際、海斗の前に不思議な少女が現れる。徐々に明かされていく海斗の過去、そして美少女たちの思い……。「小説家になろう」で大人気の超正統派ラブコメに2巻が登場!!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社ラノベ文庫
ページ数
296ページ
電子版発売日
2020年03月30日
紙の本の発売
2020年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
18MB

ボッチのオタクである俺が、学内屈指の美少女たちに囲まれていつの間にかリア充呼ばわりされていた2 のユーザーレビュー

    購入済み

    相変わらず気になる

    nanjyo 2020年03月31日

    内容·ストーリー共に気に入ってはいるけど、
    ところどころに出て来る「財閥」の意味を理解していないところが歯痒い。
    ググっても良いのできちんと理解して欲しい。
    財閥もコングロマリットも一つの企業では無いので。
    ある意味致命的な欠陥ですよ?

    このレビューは参考になりましたか?

ボッチのオタクである俺が、学内屈指の美少女たちに囲まれていつの間にかリア充呼ばわりされていた のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています