ぶたぶたのティータイム

ぶたぶたのティータイム

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ふだん離れて暮らす母親を喜ばせようと、お邸のアフタヌーンティーにお呼ばれした凪子。新緑の庭に、英国風のお菓子とおいしい紅茶を運んできたのは、想像を超えた、とてもユニークな人物(?)だった――(「アフタヌーンティーは庭園で」)。中身は中年男性、見た目はキュートな、ぶたのぬいぐるみ。おなじみ山崎ぶたぶたが、周囲に温かい気持ちを広げていくファンタジー!

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2019年09月27日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ぶたぶたのティータイム のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年09月02日

    ぶたぶたさんシリーズ。今回は紅茶とそれに合った日替わりケーキのお店をやってるぶたぶたさん。紅茶もこだわってるし、ケーキも素朴な感じだけど紅茶に合うものを提供してる。そのお店を訪れた人たちの悩みなどを癒すぶたぶたさん。あー、近所にこんなお店あったらなぁ。
    次のぶたぶたさんはどんなテーマだろう、楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月17日

    もうぶたぶたさんのお店が近所に欲しいとは言わないから、せめてレシピを下さい!щ(゜▽゜щ)でも、ぶたぶたさんが吟味した素材じゃないとダメかぁρ(тωт`) イジイジ 最後の「心からの」に登場する公美恵さんとぶたぶたさんの関係が理想だけれども、ぶたぶたさんに素敵な御返しを送るだけの技がない(T.T...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月13日

    優しいお話と美味しそうなスイーツと紅茶。
    楽園はここにあったのね、と言いたくなるけれど、ぶたぶたさんの周りには痛みを抱えた人が多くいる。
    ぽふぽふとした手で心を、美味しいものでお腹もふくらめば、明日に向かっていけるんですよね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月11日

    毎度おなじみ。
    ぶたぶたシリーズ30作目!

    今回は、「コーディアル」というカフェのオーナーさん。
    店舗での活躍ももちろんのこと、色々なところに出張しての活躍も。

    偶然にも自分は、今月、某所のアフタヌーンティーに友達と行くことが決まっている。
    この本を読んで、俄然、アフタヌーンティーが楽しみになっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月08日

    ぶたぶたシリーズ30 作品め。ロングランです。

    今回は、アフタヌーンティーがテーマの5作品です。

    上京して来た母と楽しむアフタヌーンティー
    老年になり、自分だけの時間ができても、のんびり、、ということに慣れていない男性、
    なんでもできるけど何にも熱中できないでいた完璧ない姉がやっと見つけた「推し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月16日

    相変わらずの安定感ですが、美味しいケーキだけじゃなく誰かの力になっている。読んだ私も何だかほっこりする・・・みたいな。どれも食べたいけどトリ―クルタルトが一番興味わきます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月23日

    【収録作品】アフタヌーンティーは庭園で/知らないケーキ/幸せでいてほしい/カラスとキャロットケーキ/心からの

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年11月19日

    甘いお菓子とぶたぶたさん。鉄板。シンプルで味わい深いイギリスのお菓子たちがとても魅力的でした。紅茶もとても美味しそう。紅茶はこだわると大変そうでだし、専門店はなかなかお高いし…。でも、読み終わった今は美味しい紅茶が飲みたくてたまらない(笑)普段はコーヒーばかりなのに。色々な相談をもちかけたくなるのは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています