心霊目撃談現

心霊目撃談現

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

内容紹介

彼女がトイレのドアを閉められぬ理由(ワケ)。
日常の薄皮を剥いて見えた地獄。震え止まらぬ初単著!

恐怖箱シリーズのアンソロジーで、寡作ながら毎度印象深い話を持ってくる隠れた名ハンター、三雲央。
彼がこれまでじっくりと集め、温めてきた怪談がついに1冊に纏まった。
突然気絶した女性。目を覚ますと体に謎の歯形が…「虎視」、
町工場の片隅に置かれた古びた黒のランドセル。中には意外なものが…「ランドセル」、
引っ越したばかりのアパートに遊びに来た友人。深夜、突然顔面をテーブルに打ち付ける音が…「一緒に暮らしていた」、
トイレのドアを閉められぬ女性。その戦慄の理由とは…「閾値」他、
衝撃の全36話!


著者について

怪談コンテスト超-1参加後、恐怖箱シリーズにて実話怪談の執筆を開始。
共著に『恐怖箱「怪画」』『恐怖箱「屍役所」』等。
慢性的な体調不良につき、現在、暗い1Kアパートにこもりきりの生活を余儀なくされている。
足のさきの痺れと、肌のぶつぶつがひどい。

ジャンル
出版社
竹書房
掲載誌・レーベル
竹書房怪談文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2019年10月28日
紙の本の発売
2019年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

心霊目撃談現 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています