秋本治の仕事術 ~『こち亀』作者が40年間休まず週刊連載を続けられた理由~

秋本治の仕事術 ~『こち亀』作者が40年間休まず週刊連載を続けられた理由~

作者名 :
通常価格 1,188円 (1,080円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

『こち亀』作者・初のビジネス指南書! 長く、そして面白く仕事をする秘訣がここに! 「なぜ、40年間も週刊連載を休まずに持続できたのか」これは僕がとてもよく聞かれる質問です。対する僕の答えは、さほど面白いものではないかもしれません。いまになっていえることといえば、“目の前にあることをこなし、ひとつ ひとつ積み重ねること”。月並みかもしれませんが、これしかないのです。(まえがきより)週刊少年ジャンプで『こちら葛飾区亀有公園前派出所』、通称『こち亀』を一度の休載もせずに40年間連載し続けた作家=秋本治は、どのような思考・行動で日々仕事をしていたか? ・週刊連載時代、そして現在もどのようなタイムスケジュールで働いているのか。・『こち亀』の毎回のアイディアはどこから出てきたのか。・歴代担当全員とうまくいった人間関係はどうやって築いたのか。など、偉業を成し遂げた著者の仕事の取り組み方、考え方を「セルフマネジメント術」「時間術」「コミュニケーション術」「発想術」「健康術」「未来術」の6章立てで、本邦初公開。巻末には本書のために描き下ろした特別漫画「両津勘吉の仕事術」も掲載!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社ノンフィクション
ページ数
192ページ
電子版発売日
2019年09月06日
紙の本の発売
2019年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

    Posted by ブクログ 2019年09月01日

    2019/08/丸善→2019/08/書評メタノート【済】
    ●好きで好きでたまらないことを見つける
    ●変化を恐れないこと
    ●常に新しいものを取り入れ変化する
    ●一つの仕事にかける時間を切り詰めて,余裕を生み出す
    ●本音をぶつけられる仕事仲間は必須
    ●人に任せる割り切りも大切
    ●人から直接聞く話は、本...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月25日

    時間を無駄にせず、コツコツと仕事をし、周りの人を尊重する真面目な生き方をしてきたからこそ、こち亀を40年も続けられたんだなと強く実感した。自分も秋本先生みたいにがんばろうと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月31日

    「こち亀」の作者、秋本治先生の仕事術を紹介した本。

    かの少年ジャンプで40年の長きに渡り、一度の休載もなく連載された長・長寿漫画「こち亀」。
    これには、人気を保ち続けることはもちろん、作者の健康、そしてモチベーションも維持する必要がある。
    もはや偉業と言っていい。

    その秘訣はどこにあるのか?

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月20日

    バクマンの世界観のような漫画家のイメージとはかけ離れたまとも過ぎる働き方にビックリした。
    時間を守るスケジュールを守る、そのためにどういう時間の使い方、作り方をするかは勉強になった。どんな仕事でも生かせるようなことなので面白いとおもいます

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月15日

    色々な自己啓発本などを読めば昨今では当たり前のスキルを紹介されていますが、かなり前からそれらを実践し続けたのが著者の凄みです。時間に追われる仕事をしている人たちがマインドチェンジするためにおすすめ。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年11月17日

    こち亀、一話完結のギャグマンガ、いつでもリセットできた。
    週刊だが5日で仕上げる。
    アシスタントは社員、タイムカード管理。
    9時から19時まで。昼と夕方1時間筒食事休憩。
    スケジュール3カ月分を自作、タスク管理。
    初代の担当者は現集英社社長。

    情報のインプットはラジオ。
    ラインやショートメールで感...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています