いつくしむ、さを鹿の声 【単話】 3
  • 最新刊

いつくしむ、さを鹿の声 【単話】 3

作者名 :
通常価格 220円 (200円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

過去に冬月を怪我させてしまった自分を許せず、冬月や剣道部の友人を遠ざけ、整体を勉強する陽介。同窓会をきっかけに交流が再開し、冬月とも会う約束ができる関係になるが、陽介は冬月と高校時代のことを話せずにいた。  ※本電子書籍は『mimosa vol.7』収録の「いつくしむ、さを鹿の声 第三話」と同じ内容です。

ジャンル
出版社
リイド社
掲載誌・レーベル
mimosa
ページ数
28ページ
電子版発売日
2020年02月29日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
18MB

関連タグ:

新刊オート購入

いつくしむ、さを鹿の声 【単話】 3 のユーザーレビュー

レビューがありません。

いつくしむ、さを鹿の声 【単話】 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • いつくしむ、さを鹿の声 【単話】 1
    高校の頃好きだった陽介に部活の同窓会で再会した冬月。卒業して以来会っていなかったが、昔と同じように仲良く接する二人。しかし、高校生の頃とは違うこともあって──春之が描く、再会から始まるすれ違いと片想い。 ※本電子書籍は『mimosa vol.4』収録の「いつくしむ、さを鹿の声 第一話」と同じ内容です。
  • いつくしむ、さを鹿の声 【単話】 2
    部活が恋人で、パートナーは冬月だ、と高校時代語っていた陽介。会わなかった8年間の時間を埋めたい冬月は陽介を剣道に誘うが、陽介は専門学校の勉強を理由に断る。陽介が高校駐在のトレーナーを目指す理由には、とある過去が関係していて…  ※本電子書籍は『mimosa vol.6』収録の「いつくしむ、さを鹿の声 第二話」と同じ内容です。
  • いつくしむ、さを鹿の声 【単話】 3
    過去に冬月を怪我させてしまった自分を許せず、冬月や剣道部の友人を遠ざけ、整体を勉強する陽介。同窓会をきっかけに交流が再開し、冬月とも会う約束ができる関係になるが、陽介は冬月と高校時代のことを話せずにいた。  ※本電子書籍は『mimosa vol.7』収録の「いつくしむ、さを鹿の声 第三話」と同じ内容です。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています