蒼のソナチネ

蒼のソナチネ

作者名 :
通常価格 528円 (480円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

もう二度と弾かない。レッスンの帰り、おれはケースごとヴァイオリンをゴミ箱に捨てるつもりだった。才能なんてないし武之内グループの跡取り息子として特別視されるのにもウンザリだった。そんな時、ヤツは現れた。桜野遼、12歳のくせに倍もありそうな高校生たちをしきってた。ヤツは闇の中で輝きすぎて眩しかった。1996春FUKUOKA――それはあまりにも唐突な出逢いだった。

カテゴリ
BL
ジャンル
BL小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2019年08月23日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

蒼のソナチネ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    小学校3年でこの方の作品を読み、小学生だったからかエロい…!と思いつつハマりました。(カイ&シエルのやつ…シリーズ名忘れた…)
    ぶっちゃけ今ではもうこの方の作品に萌えられないのですが唯一今も好きなのはこのシリーズ。

    このレビューは参考になりましたか?

<蒼>シリーズ のシリーズ作品 1~9巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~9件目 / 9件
  • 蒼のソナチネ
    528円(税込)
    もう二度と弾かない。レッスンの帰り、おれはケースごとヴァイオリンをゴミ箱に捨てるつもりだった。才能なんてないし武之内グループの跡取り息子として特別視されるのにもウンザリだった。そんな時、ヤツは現れた。桜野遼、12歳のくせに倍もありそうな高校生たちをしきってた。ヤツは闇の中で輝きすぎて眩しかった。1996春FUKUOKA――それはあまりにも唐突な出逢いだった。
  • 蒼のプレリュード
    528円(税込)
    バン! 生まれて初めて聞いた本物の銃声。右肩に銃弾を受けたおれは、燃えるような痛みに意識を失った。それから意識を取り戻すまでの三日間、遼はつきっきりで看病してくれたらしい。遼は目覚めたおれに真実を話しだす。――かあさんは実の母親ではなく、春香という人がおれたちの母親だと……。驚愕するおれだったが、そんなことはこれから起こるすべてへの前奏曲(プレリュード)に過ぎなかった。
  • 蒼のラプソディ
    528円(税込)
    ――いいぜ。連れてってやるよ、翼。この世の、果てまで――遼のその声は、どんな甘い誘惑より濃密に体の奥まで響いてきた。武之内グループの後継者、宝生学院高校の生徒会長の立場を捨てて、乗り込んだコンテナ船。船内で名器ガルネリ・デル・ジュネスを奏でるおれたち。その調べは甘くせつなかった。遼と友だちにはなれない。そして、兄弟にもなれない。――もう自分に嘘はつけなかった。
  • 蒼のノクターン
    528円(税込)
    ――おれと行こう、遼。もういちどやり直そう。おれと遼とお母さんとで――香港から逃れた上海で、おれたちは束の間の甘く哀しい夢を見たんだ。日本へ帰れば、きっとぜんぶ上手くいく。それが崩壊への道だとも気がつきもしないで……。――知ってしまえば後戻りは出来なくなるぜ――遼の言葉どおり、奴らは黙って見逃してはくれなかった。そう、「蒼龍」の秘密を知ってしまった以上……。
  • 蒼のアリア
    528円(税込)
    魔都・上海から逃れて舞い戻ってきた日本。武之内翼は、全寮制の有名私立校・宝生学院高校へと復学した。だが、そこで待ち受けていたのは、またしても「彼」との再会だった。「お前だけのために日本に来た―――」遼にそう告げられただけで、翼の背中は震えてしまう。名前を呼ばれただけなのに、快感が全身を走る。――抑えのきかない思いを抱えたまま、翼は一体、どこへ行こうというのか? 【目次】蒼のアリア/...
  • 蒼のルフラン
    528円(税込)
    「たった一夜。たった一晩で世界は変わってしまった。奇跡はたしかに起こるのだ――」遼を愛し、全てを信じるという翼の決意は、ためらう遼の心を動かし……二人は結ばれる。全寮制の名門・宝生学院高校の校内で密かに逢瀬を重ねる翼と遼。だが、その周囲では監視者たちの暗躍が。二人の「蒼龍」を巡る争いは水面下で進行し、そんな中、翼は無自覚のまま荒れ狂う龍として覚醒しつつあった。
  • 蒼のトッカータ
    528円(税込)
    翼の「蒼龍」が目覚めた。しかし、それは同時に邪悪なる「緋龍」の覚醒である兆候をも示していた。遼は、自分の存在が最愛の人を破滅に導いていくことに怯え、翼を裏切ることによって、彼との夢の日々に終止符を打つ…。「あいつと完全に対等な敵になれるなら、あいつはおれを忘れることはできない。絶対に」愛と同じ激しさで、遼への憎しみを胸に抱き翼は凰貴将の待つアメリカへ旅立った――。
  • 蒼のカデンツァ
    528円(税込)
    デビューリサイタルを成功裡に終わらせた夜、翼は最愛の弟、遼との再会により、彼が自分のもとを去った真の理由を知る。翼の中の破壊の神「緋龍」は、二人がともにいることで、その邪悪な波動を強めてしまうのだと……。「お前は俺の手には入らねえ。永久に――」自分が遼を失ったように、遼もまた自分を失ったことに気づいた翼は、傷ついた心のままシンガポールの凰家へと招かれたのだが…。
  • 蒼のスケルツォ
    528円(税込)
    「来い! 翼、お前を連れて行く――――!」。「緋龍」より翼を救ったことで、逆にその支配を受けてしまった遼に対し、翼は監禁されながらも、彼への愛ゆえに、それを受け入れる。しかし二つの「蒼龍」の遺伝子の共鳴は「緋龍」を荒れ狂わせる。その毒牙が母親の春香や、翼の恩人であるレスリーに向けられるに至り翼は苦悩の末、遼との別れを決意するが……。二人の奏でる運命の音色は今、最終楽章へ!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています