売り渡される食の安全

売り渡される食の安全

作者名 :
通常価格 946円 (860円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

(章構成)
はじめに
第一章 「国民を二度と飢えさせない」――先人の思いが詰まった法律はなぜ廃止されたのか
第二章 海外企業に明け渡された日本の農業
第三章 自分の畑で採れた種を使ってはいけない
第四章 市場を狙う遺伝子組み換えの米、そしてゲノム編集米
第五章 世界を変えたモンサント裁判
第六章 世界で加速する有機栽培
第七章 逆走する日本の食
第八章 日本の食は地方から守る
あとがき

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川新書
電子版発売日
2019年08月10日
紙の本の発売
2019年08月
サイズ(目安)
5MB

売り渡される食の安全 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2021年03月30日

    前安倍政権が「種苗法」という法律の改定案を
    国会に提出して、2020年12月に可決されまし
    た。

    実は別名モンサント法と呼ばれ、他国では絶対
    に受け入れられなかった過去を持つ法律なので
    す。

    その前に2018年4月には「種子法」も廃止さ
    れてしまいました。

    それは国が率先して、米、麦、大豆の苗...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2021年02月15日

    『タネは誰のもの』という映画に合わせて読んだ。この中に出てくることが映画では実際に映されており、両方同時に見ると、農業初心者にも分かりやすい。
    遺伝子組み換えやゲノム編集などは報道にもなったから、よく覚えているが、種子法廃止や種苗法改正については噂程度でしか知らなかった。しかしながら、自分や今後の世...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2019年12月18日

    遺伝子組み換え作物が持つ問題点がよく理解できた。種子法を早く復活させなければならないと思う。著者は、元農水大臣であり、説得力のある重要なメッセージを読者に発している。みんなに勧める本です。

    0

    Posted by ブクログ 2019年11月22日

    著者は民主党時代に農林水産大臣を務めた。農家に育ち、400頭の牛を所有する牧場の経営者だったこともあるが、弁護士で政治家。盛りだくさんな内容を丁寧にわかりやすく並べて書いている。ほとんどはモンサントの話だが、現在の日本の農業政策や世界の潮流などもよく理解できる。
    以下はメモ。
    2018年4月に種子法...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2022年10月13日

    F1種子と農薬で世界の農業を支配するアグリビジネスの実態とその日本への進出状況がまとめられている。

    世界の種子の70%は、モンサント(バイエル)、ダウ・デュポン、シンジェンタ(中国化工集団)によって生産されており、農薬や化学肥料とセット販売されている。

    1994年にNAFTAが発効すると、モンサ...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2021年01月24日

    今の日本の食と農が揺るがされていることがわかりやすく書いてありました。
    日常生活で遺伝子組み換え食品に気を使ったことなかったけど、考えてみると怖いなとおもいました。
    農業に興味持つようになれました。ありがとう

    0

    Posted by ブクログ 2020年03月26日

    食の安全を自分だけで守ることはできない。
    種子法廃止の問題点が分かりやすく書かれていた。
    未来のために地道に動いていく必要性を感じた。

    0

    Posted by ブクログ 2019年08月24日

    種子法の問題は堤未果の著作で知っていたが、山田正彦のこの本では道県レベルで種子条例を作り、固有種などの権利を保存しようとしていることを初めて知った。こうした地方の動きはほとんど報道されず、取り上げられてこなかった。農薬、遺伝子組み換え、ゲノム編集に関心はあっても情報を集めることは難しい。その意味でこ...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2019年08月22日

    <目次>
    はじめに
    第1章  「国民を二度と飢えさせない」
    第2章  海外企業に明け渡された日本の農業
    第3章  自分の畑で取れた種を使ってはいけない
    第4章  市場を狙う遺伝子組み換え、そしてゲノム編集の米
    第5章  世界を変えたモンサント裁判
    第6章  世界で加速する有機栽培
    第7章  逆走する...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2020年02月02日

    農薬、遺伝子組み換え、ゲノム編集…
    食を安定化させるためには必要かもしれないが、長期視点に立った時に果たして正しい選択だったのか、というのにはまだ結論が出せないですね。ただ、世界的リスクマネジメントという観点では研究開発投資はしておいた方がいいかなとも思うし、投資するならどこかで回収はしないとだし、...続きを読む

    0

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川新書 の最新刊

無料で読める 雑学・エンタメ

雑学・エンタメ ランキング