メロディアスビッチに恋をする (5)
  • 完結

メロディアスビッチに恋をする (5)

作者名 :
通常価格 198円 (180円+税)
獲得ポイント

0pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【俺が好きなのはコイツの曲でコイツが好きな訳じゃ…ないハズ…】男とヤると曲が降ってくるという天才高飛車作曲家・Mが、事故で記憶をなくした。身寄りもないただ素直な青年「陽真」になってしまったMを、作曲家・Mファンのサラリーマン古賀は放っておけず、彼を家に住まわせ穏やかに暮らしていた。ある日「陽真」にメジャーデビューの声がかかり、古賀は彼を送り出すが、思わぬところから「枕営業」の話を耳にして…!? 無気力リーマン×ビッチ作曲家。素直になれないふたりのメロディアスラブ!

ジャンル
出版社
eBookJapan Plus
掲載誌・レーベル
BLfranc
ページ数
32ページ
電子版発売日
2019年11月23日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
20MB

関連タグ:

メロディアスビッチに恋をする (5) のユーザーレビュー

レビューがありません。

メロディアスビッチに恋をする のシリーズ作品 全6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • メロディアスビッチに恋をする (1)
    完結
    【俺が好きなのはコイツの曲でコイツが好きな訳じゃ…ないハズ…】基本まじめだが他人にあまり興味のないリーマン古賀は、大手動画サイトにチャンネルを持つアーティスト「M」の曲を聴くことが唯一の楽しみ。その日もMの新曲を自宅でゆっくり楽しむため帰り道を急いでいたが、路地裏で綺麗な青年が襲われている場面に遭遇してしまう。 面倒ごとに関わりたくないと思いつつもさすがに放ってはおけないと勇気を...
  • メロディアスビッチに恋をする (2)
    完結
    【俺が好きなのはコイツの曲でコイツが好きな訳じゃ…ないハズ…】天才アーティスト「M」の曲を心の支えにしていたサラリーマン古賀。彼がなりゆきから同棲することになってしまった、ウリを生業にしていたビッチこそ古賀が愛するアーティストの「M」だった! 男とヤると曲が降ってくるというMと「曲づくりセックス」をする古賀だが、曲をつくれる以外はただのヒモでしかないMのクズっぷりを目の当たりにし...
  • メロディアスビッチに恋をする (3)
    完結
    【俺が好きなのはコイツの曲でコイツが好きな訳じゃ…ないハズ…】男とヤると曲が降ってくるという天才作曲家・Mと「曲づくりセックス」をし、寝床まで提供する“作曲家”Mファンのサラリーマン・古賀。自分とのセックスで降りてきたという曲を完成させ、すっきりとした顔で次の寄生先に出て行こうとするMを見て、曲をつくれる以外はただのヒモでしかないMを厄介だと思っていたはずなのになぜか引き留めてしま...
  • メロディアスビッチに恋をする (4)
    完結
    【俺が好きなのはコイツの曲でコイツが好きな訳じゃ…ないハズ…】男とヤると曲が降ってくるという天才作曲家・Mと「曲づくりセックス」をし、寝床まで提供する“作曲家”Mファンのサラリーマン・古賀。身体の相性以外は全く合わない性格の二人の心がようやく近づきかけたその時、理由も言わずに家を出て行こうとするMを引き留めようとした古賀の目の前でMは事故にあい、一時的に記憶をなくしてしまう。高飛車...
  • メロディアスビッチに恋をする (5)
    完結
    【俺が好きなのはコイツの曲でコイツが好きな訳じゃ…ないハズ…】男とヤると曲が降ってくるという天才高飛車作曲家・Mが、事故で記憶をなくした。身寄りもないただ素直な青年「陽真」になってしまったMを、作曲家・Mファンのサラリーマン古賀は放っておけず、彼を家に住まわせ穏やかに暮らしていた。ある日「陽真」にメジャーデビューの声がかかり、古賀は彼を送り出すが、思わぬところから「枕営業」の話を...
  • メロディアスビッチに恋をする (6)
    完結
    【俺が好きなのはコイツの曲でコイツが好きな訳じゃ…ないハズ…】事故によって記憶を失っていた、高飛車天才作曲家・Mは、Mファンのサラリーマン古賀との激しいセックスにより記憶を取り戻す。最初は、なりゆきでMを居候させていた古賀もMの回復を素直に喜ぶが、彼は突然出ていくと言いだした。記憶を失っている間の素直な人格「陽真」だったときの事を覚えていないというMだったが、実は古賀への恋心を伝え...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています