おしゃれ嫌い 私たちがユニクロを選ぶ本当の理由

おしゃれ嫌い 私たちがユニクロを選ぶ本当の理由

作者名 :
通常価格 815円 (741円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日本の国民服となったユニクロ。長く無視していたファッション誌も今ではユニクロの虜だ。ここまで普及した理由は、服は特別なもの、おしゃれは難しいという思い込みを解き、服で個性を競うことに疲れた人々の心を掴んだから。もう誰もが服に余計なお金も時間も使いたくない。ユニクロはその変化にいち早く気づき、「見た目」をよくするための服ではなく、「くらし」をよくするための服を提案し続けてきた。それは世界をも席巻している。これまで指摘されることのなかったユニクロのメッセージと消費の変化を気鋭の社会学者が鮮やかに読み解く。

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎新書
電子版発売日
2019年07月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

おしゃれ嫌い 私たちがユニクロを選ぶ本当の理由 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年01月01日

    暮らしを充実させる。
    確かに、感じていたことが言葉になっていたので、すごく納得しました。
    何に価値をおいて生活するか、時代とともに変化するのですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月30日

    個性や差別化を求めるのではなく正しさを求める、倫理的な正しさを志向するエシカルファッション。無理をして個性的な服を着る必要はない。大枚をはたく必要もない。おしゃれをしなくてはならないという世間の常識に疲れ果ててしまった人。あるいは、もともとついていけない人たちがユニクロに飛びついた。デザインやブラン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月27日

    消費者の欲望対象が「ファッション」から「暮らし」に変化した歴史を、UNIQLOに紐付けて語られている。お金を服にかけるよりも、食事や健康にかけた方が幸福度も上がると思うので、悪くない変化なのではないだろうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月27日

    キャッチーなタイトルに惹かれて購入。
    “ファッション”や“おしゃれ”に対する捉え方の変化をUNIQLOの隆盛と共に論じた一冊。
    服がおしゃれなのではなく、“くらし”がおしゃれであることが重要というのはとても納得させられた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月13日

     確かにファッション誌でユニクロやGU見かけることが増えたなぁと。
     服はその人を形作るのものだけれど、服にそこまでコストかけてもなぁという気持ちがある。ファッション誌に載っている価格帯の服をそろえることは現実的ではない。おしゃれ嫌いというより、人生の選択肢が増え、おしゃれにかける費用が相対的に下が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月22日

    無印良品とユニクロ
    ユニクロ ていねいなくらし
    無印良品 MUJIなくらし
    ファッションへのこだわりが食や雑貨に向けられる時代
    物を消費する時代から、物に執着しないミニマリズムや断捨離のブーム

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月16日

    久しぶりに社会学系の読み物。ユニクロは服じゃなくて「ライフスタイル」を売っている、というある意味でありふれた解説ではあるが、ファッション誌を中心に「ユニばれ」から「ユニクロがいいじゃない」への変化の描き方は面白かった。著者が女性だし仕方がないが、男性ファッションについても書いてみてほしいと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています