シングルマザーたち分冊版3 希望

シングルマザーたち分冊版3 希望

作者名 :
通常価格 110円 (100円+税)
獲得ポイント

0pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「舞踏病って知っているか?」
彼は自分の母親の過酷な闘病を語りはじめた。
それは“動きたくないのに動いてしまう”難病なのだ。
まるで童話の『赤い靴』のカレンのように…。
発病のきっかけは新薬の治験モニターをやったことからだった。
絶え間なく動く自分に披露する母。そんな母を抑えながら、食事や風呂の日常を支える祖母。
小学生の彼も家のお手伝いや自分のことは当然のようにやらなければならなかった。
学校にもっていく雑巾を縫おうとする彼に「ごめんね」と母は、針と糸を持った。揺れる体で針に糸は通らない。
「こんなことまで小さなお前にやらせて」母が懇親の願いを込めたその時…。

ジャンル
出版社
電書バト
ページ数
34ページ
電子版発売日
2019年08月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

新刊オート購入

シングルマザーたち分冊版3 希望 のユーザーレビュー

レビューがありません。

シングルマザーたち分冊版 のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • シングルマザーたち分冊版1 幸せの入り口
    わたしの彼には恋人がいる。 結婚なんて望んでない。だって、わたしには別れた夫との子供が3人いるから。 メイク・ラブの途中の彼のケータイの着信にも、率先して出るように言う。 だって、彼女だったら出ないと不安がらせてしまうもの。 わたしは子供が一番大切だし、彼とはこのままの関係でかまわない。そう思っていたはずだった。 そんな時、 彼がわたしを実家につれていくつもりと知って、思わずわた...
  • シングルマザーたち分冊版2 息子の結婚
    水商売をして女手ひとつで育てた息子に舞い込んだ良縁話。 てっきり息子も大喜びと思い込んで、話をすすめたが、 その話は断ってほしい、と息子が選んだ女性は聴覚障害者。 「母さんなら反対はしない」と自信をもって彼女を家に連れてきた息子に戸惑うわたし。 重い気持ちで、縁談を断るしかないと、先方のご両親と会う約束を。 しかし、やってきたのはお相手本人。 上品でハキハキしている育ちの良さを目...
  • シングルマザーたち分冊版3 希望
    「舞踏病って知っているか?」 彼は自分の母親の過酷な闘病を語りはじめた。 それは“動きたくないのに動いてしまう”難病なのだ。 まるで童話の『赤い靴』のカレンのように…。 発病のきっかけは新薬の治験モニターをやったことからだった。 絶え間なく動く自分に披露する母。そんな母を抑えながら、食事や風呂の日常を支える祖母。 小学生の彼も家のお手伝いや自分のことは当然のようにやらなければならなか...
  • シングルマザーたち分冊版4 養母のこころ~セカンドマザー~
    続巻入荷
    彼との結婚に影をおとすのは、わたしの養母の存在だった。 養母が施設から孤児のわたしを引き取ってくれたのは、わたしが中学生の時。 スナック経営のシングルマザーだった養母。 店に出され、客のお酒の相手をさせられ、嫌な気持ちを抱えながら大人になるまで、と我慢した。 「お養母さんにとって、わたしの存在って何なんだろう」 独り立ちして、ずっと蓋をしてきた養母との関わりだった。 彼に促されて...
  • シングルマザーたち分冊版5 あたらしい朝~わたしが何をしたというの!~
    続巻入荷
    カリスマ美容師として成功している美子。 仕事も家庭も、すべてがうまくいっていると疑わなかった。 だって、わたしは努力した。 成功した今も、決して自惚れることなく努力している。 スタッフへの細やかな気遣い。 娘の世話を引き受ける夫が卑屈にならないよう、ちゃんと夫をたててねぎらい。 娘の髪をカットしながら、母子のコミュニケーションの時間だってつくる。 ところが、ある日スタッフがわたしに...
  • シングルマザーたち分冊版6 嘘を脱ぐとき~この子を幸せにするものは~
    続巻入荷
    「夫の子供じゃないんです」 わたしの言葉に「信じられない」とベビーシッターは驚いた。 そのはずです。 誰の目にも、夫と姑は血のつながった赤ちゃんのように可愛がってくれていたから。 不倫相手の子供を身ごもったわたしと 式当日に花嫁に逃げられた夫。 互いの傷をなめあうように関係を持ち、式をあげることもなく一緒になった。 そんな偽りの結婚から始まった関係でも幸せだと思っていたけど・・・ ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています