倭―YAMATO―<俺たちの創世記>4(スーパーファンタジー文庫)
  • 最新刊

倭―YAMATO―<俺たちの創世記>4(スーパーファンタジー文庫)

作者名 :
通常価格 486円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

斉が神火の中に消えてから、ひと月あまり。明琉、香樹たち神魂を継ぐ七人の「神子」は、八魔途を開き現世に満ちた魔獣を退治する日々を送っていた。この間、明琉の指導者となっていたのは香月。ふたりの間には新たな主従関係が芽生え、結びつきは急激に深まっていった。そんな時北九州市上空に、陽炎のような七色の光に包まれた浮遊都市・神都が出現した。神都が見える時は、倭の地が終末に向かう時だという。滅びはいまや夢ではなく、神都に乗って現代の神子たちに迫りつつあった。※あとがきは収録されていません。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2019年07月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 倭―YAMATO―<俺たちの創世記>(スーパーファンタジー文庫)
    明琉は高校二年生。幼なじみの香樹、親友の斉と平和な学園生活を送っていた。学校の帰り道、古代の青銅の剣を発見した斉は≪待ちわびた≫という何者かの声を聞く。謎の声に導かれて魔獣が出現し、斉の封じられた記憶がよみがえった。その後、明琉の高校では奇妙な噂が立ち始めた。斉の発見した古墳には卑弥呼の呪いがかかっていて、行方不明者が出ているという。しかも現場近くで明琉らしい人物が目撃されて...
  • 倭―YAMATO―<俺たちの創世記>2(スーパーファンタジー文庫)
    斉が行方不明になってから、一週間以上がたった。神子としての記憶が甦りつつある明琉は、毎夜斉の夢を見ていた。夢の中では、明琉は邪馬台国の女王・卑弥呼。斉は敵国・狗奴国王の速彌。速彌を見て卑弥呼はひと目で恋に落ちたのだった……。剣道の県大会に出場した明琉は、快調に勝ち進むが、明琉は自分を操る斉の気配を感じる。次の対戦相手は、強豪・宗像三兄弟を擁する神湊学園。三兄弟の多紀理と対戦し...
  • 倭―YAMATO―<俺たちの創世記>3(スーパーファンタジー文庫)
    黄泉国に留まった明琉は、斉への思いを募らせていた。しかし斉の目的は、狗奴一族の怨みを晴らし、現世を幽世の支配下に置くことにあった。斉は、明琉の肉体を媒介にして境界樹に魔獣の力を注ぎ込み、現世に決定的なダメージを与えようとしていた。宗像三兄弟の祭祀によって魔獣を体内に詰め込まれ、明琉の力は膨大にふくれあがる。一方、出雲から帰った香樹の兄の香月は、黄泉に囚われた明琉を奪回しよう...
  • 倭―YAMATO―<俺たちの創世記>4(スーパーファンタジー文庫)
    斉が神火の中に消えてから、ひと月あまり。明琉、香樹たち神魂を継ぐ七人の「神子」は、八魔途を開き現世に満ちた魔獣を退治する日々を送っていた。この間、明琉の指導者となっていたのは香月。ふたりの間には新たな主従関係が芽生え、結びつきは急激に深まっていった。そんな時北九州市上空に、陽炎のような七色の光に包まれた浮遊都市・神都が出現した。神都が見える時は、倭の地が終末に向かう時だとい...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています