鵜野森町あやかし奇譚 猫又之章

鵜野森町あやかし奇譚 猫又之章

作者名 :
通常価格 699円 (636円+税)
紙の本 [参考] 814円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

杉田智和氏(声優)絶賛! 「奇跡の価値を決める前に、この物語を読んで欲しい。」 エブリスタ「現代ファンタジー×切ない」部門第1位!(2019年3月24日調べ) 少年が出会ったのは、言葉を喋る不思議な猫と笑顔を忘れた少女……それぞれの“心”を取り戻すまでの、ひと夏の物語。ある事情で空手部を休み続けている男子高校生・朝霧夢路。嵐の日、彼は実家の神社に倒れていた霊獣・猫又のサクラを助ける。サクラを居候させることになった夢路は、ひょんなことから無口な同級生・日野咲と交流するようになるが、サクラは咲から「陰の気」を嗅ぎ取った。時を同じくして、鵜野森町には異様な雨が降り続け――。心に傷を負った少年少女と猫又が織り成す、感動の青春小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文芸文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2019年07月12日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

鵜野森町あやかし奇譚 猫又之章 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年08月03日

    好物の妖怪異物。たまたま見かけて買ってきた初めて読む作家さんの作品だったけど、甘酸っぱい青春ものと怪異が、一緒になっていて楽しめました。2作目も読みます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月04日

    試合中の事故で空手から遠ざかっている夢路。怪我をしている状態で夢路に拾われた霊獣・猫又のサクラ。過去の出来事から他人に自分の心を見せない夢路の同級生・咲。

    怪異な出来事の中で縮まっていく二人の距離感がほのぼのとした気分にさせる。重いテーマと暗い怪異談を淡々と笑いも交えて描く佳作である。

    メス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月15日

    困難に直面して逃げてしまった(と自分で思っている)2人。そんな中でも「人のため」に懸命になれるのはすごい。
    自分の問題を乗り越えられた後は、周りの優しい人たちに助けられながら進んでいけると思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月30日

    妖ものとしては基本フォーマットのような作品と言える。敵に対する掘り下げが足りないので、なんとなく悪いことをする存在にしかなってない。最後はさらっと終わってるけど、たかり女子との決別みたいなシーンがあってもよかったと思う。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年12月30日

    初読みの作家さん。
    猫又のサクラを、そうとは知らずに助けた夢路。
    それは偶然ではなく、夢路自身と祖母にも関わる過去が明らかになっていく。母にも何やら関係がありそうで…。
    同級生の咲を救う為、人の陰の気を喰らって妖力を高めようとする妖と闘うサクラと夢路。設定としてはありがちだが、猫又のサクラが時代錯誤...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

鵜野森町あやかし奇譚 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 鵜野森町あやかし奇譚 猫又之章
    杉田智和氏(声優)絶賛! 「奇跡の価値を決める前に、この物語を読んで欲しい。」 エブリスタ「現代ファンタジー×切ない」部門第1位!(2019年3月24日調べ) 少年が出会ったのは、言葉を喋る不思議な猫と笑顔を忘れた少女……それぞれの“心”を取り戻すまでの、ひと夏の物語。ある事情で空手部を休み続けている男子高校生・朝霧夢路。嵐の日、彼は実家の神社に倒れていた霊獣・猫又のサクラを助ける。サクラを居候させることになった夢路は、ひょんなことから無口な同級生・日野咲と交流するようになるが、サクラは咲から「陰の気」を嗅ぎ取った。時を同じくして、鵜野森町には異様な雨が降り続け――。心に傷を負った少年少女と猫又が織り成す、感動の青春小説。
  • 鵜野森町あやかし奇譚(二) 覚之章
    それは、「あやかしモノ」史上、もっとも優しい物語――。小説投稿サイトエブリスタで人気を博したノスタルジックファンタジー、待望の第二弾! あやかしに憑りつかれた少女・咲の心を救った、高校生の朝霧夢路と猫又のサクラ。ある日、夢路と咲が通っている喫茶店「アイレン」に、店主のかつての恋人で、二十年以上前に亡くなったはずの「伶花」と瓜二つの女性が現れる。伶花の幽霊だと考えた夢路と咲だったが、サクラはそれをきっぱりと否定して……。彼女の正体は何なのか。そしてその目的とは。人と怪異がひっそりと共存する町で起こる、切なくも温かい“奇跡”を描く物語。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています