ぼくの週プロ青春記 90年代プロレス全盛期と、その真実

ぼくの週プロ青春記 90年代プロレス全盛期と、その真実

作者名 :
通常価格 935円 (850円+税)
紙の本 [参考] 990円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

なぜ一冊の週刊誌が業界をリードし、読者からの絶大な信頼のもと毎号数十万部を売り上げ、そして、崩壊したのか? 闘っていたのはレスラーだけじゃない!
『週刊プロレス』に青春を捧げた元記者による“平成ノンフィクション”。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日文庫
ページ数
400ページ
電子版発売日
2019年06月28日
紙の本の発売
2019年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

ぼくの週プロ青春記 90年代プロレス全盛期と、その真実 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月16日

    「日刊では浅すぎる。月刊では遅すぎる」

    中学2年生の時に、月刊プロレスが週刊化された。

    なけなしの小遣いの行き先は、少年ジャンプから「週刊プロレス」になっていく。

    学生時代にプロレス会場に行く金などなかった。
    インターネットもなかった。

    だから、数百円の「週プロ劇場」にのめり込んでいった。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています