神田まないたお勝手帖 : 1 白星にぎり

神田まないたお勝手帖 : 1 白星にぎり

作者名 :
通常価格 528円 (480円+税)
紙の本 [参考] 652円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

母を三年前に亡くし、父であり腕のいい料理人の千吉と、二人で飯屋を切り盛りしているおはる。もうすぐ二十歳だが、思い人とは夫婦になれず、このまま店を手伝っていくのかと将来に不安を覚えている。でも温かい常連さんたちを迎える日々は楽しいし、張り合いもある。でも、千客万来だけに時に、事件や厄介事も迎え入れてしまうのだ。考えすぎるところもあるが、責任感の強いおはるの「娘以上大人未満」模様、いざ開店~♪

ジャンル
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
電子版発売日
2019年06月28日
紙の本の発売
2019年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

神田まないたお勝手帖 : 1 白星にぎり のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月09日

    お料理の描写が イマひとつ。
    湯気や匂いや そんなのまで漂ってきそうなのを
    期待していたけれど あっさりし過ぎかな?
    ちょっとザンネン。

    でも、出てくる人達は
    あたたかみのある人達で 好感持てる。

    変に考え込まなくていいから
    通勤電車の中の読み物には ぴったり。
    続きもポチッたから 届くのが楽し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

神田まないたお勝手帖 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 神田まないたお勝手帖 : 1 白星にぎり
    母を三年前に亡くし、父であり腕のいい料理人の千吉と、二人で飯屋を切り盛りしているおはる。もうすぐ二十歳だが、思い人とは夫婦になれず、このまま店を手伝っていくのかと将来に不安を覚えている。でも温かい常連さんたちを迎える日々は楽しいし、張り合いもある。でも、千客万来だけに時に、事件や厄介事も迎え入れてしまうのだ。考えすぎるところもあるが、責任感の強いおはるの「娘以上大人未満」模...
  • 神田まないたお勝手帖 : 2 花火がつお
    母を三年前に亡くし、父であり腕のいい料理人の千吉と、二人で飯屋を切り盛りしているおはる。女義太夫の修業に出ていた妹のおとよが、相撲取りの藤ノ松との子を宿して帰ってきて、ますます忙しい。江戸っ子が大好きな初鰹の時季がやってきた。常連でもあるお隣のご隠居、又兵衛のところに鰹が届いたが、又兵衛は頑として受け取らない。どうもそれには、花火師のもとへ嫁ぎ、喧嘩別れしている娘の存在が関...
  • 神田まないたお勝手帖 : 3 棚ぼたん鍋
    神田で評判の旨い飯屋「まないた」。二十歳のおはるはまだまだ半人前だが、店を継ぐ決意を固めるには固めた。父・千吉に認めてもらい、少しずつ料理を教えてもらうわ――しかし、千吉が体を悪くし、独り立ちの日は思ったよりもずっと早くに迫ってきた。まず鍋なら店に出せるものも作れるだろうという千吉に付いて、おはるが頑張った結果……。明るいおはるが福を呼ぶ、好評シリーズ第3弾!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています