13歳の黙示録

13歳の黙示録

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

札付きの非行少年・幸雄の閉ざされた心に、中学教師の千佳は献身的に向き合おうとする。少年の内にあった驚くべき葛藤とは?  そして周囲の心配どおり、13歳の幸雄は千佳にナイフを向けた! 彼はなぜ、人を殺してしまったのか? どの教師も手を焼く非行少年の心を、千佳はこじ開けようとしたが……。少年向けに物語を紡ぎ出してきた著者が世に問う「人を殺めることの重さ」。親も子も読みたい、胸に迫る感動の傑作、心に突き刺さる衝撃作!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
416ページ
電子版発売日
2019年06月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

13歳の黙示録 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年03月30日

    人を殺してはいけない。そのメッセージが強く強く伝わってきます。何故少年は罪を犯してしまったのか、なぜ本のタイトルが13歳の黙示録なのか。本当に考えさせられる本です。テーマは重いですが文章は読みやすいので是非13歳の子供達に読んでほしいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月14日

    中学生の頃に読んで衝撃を受けた。それから思い出す度に読みたくなって繰り返し読んでいる。主な登場人物の3人に感情移入しながら、どっぷりはまってしまう。とても心が痛くなる作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    天路と両方読んでみるといいと思います。
    悲しすぎる話ですが、是非とも多くの人に読んでもらいたい一冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    友達に薦められて読みました。
    テーマは確かに重いけど、そのだけ、私達が真剣に考えなければいけない内容なんだってことですよね。それが少年少女向けに書かれているから、同年代の時に読んだ私には衝撃が大きかった。
    一気に読み終えてしまう程にグイグイと引きこまれていくストーリー。
    やるせなくて悲しくて泣けて。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

     出版社が違ったりするんですが、内容は同じだと思うので、ソレは置いておきます。で、宗田理さん曰く、現実にはこの物語の主人公のような人間はまだいませんが、いつか出てくる可能性があります。(自分も同じ少年として)
     本当に、少年犯罪が無くなる日が来る事を望むばかりです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月14日

    宗田理ということで読んだけど、七日間戦争とはまったく違うテイスト
    犯罪被害者について深く考えさせられた。
    15で読んだけど衝撃を受けた

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    人知れず暗い過去を背負う升本幸雄とそんな彼をなんとか理解しようとする1人の教師。その先には予想だにしない結末が。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月27日

    面白くない訳ではなかったが、前半はどうも各登場人物のイメージが湧かず、登場人物の言動など、全体的に何とも言えない不自然な感じがあって微妙だったが、Ⅱ部からは一気に読んでしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月30日

    ちょっと話題になった本だったなと思って読んでみて、その重さに愕然としながら読み続けました。人を殺める罪の計り知れない暗闇をひしひしと感じ、これを中学生に読ませるのは?と、思って読んでいましたが、読み終わって中学生が読んで良い、と思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月21日

    心の中でどんなに悔いていても、伝わらないとこういうことも起こりえます。伝わっていたとしても、赦せたかどうかは難しいと思います。いわんや反省の色を微塵も見せなかった場合をやと。「目には目を」をつきつめてはいけないことは分かりますが、何もしないでは済まない気持ちもよく分かります。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています