明治生まれの日本語

明治生まれの日本語

作者名 :
通常価格 968円 (880円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

私たちの日本語には、150年前には誰も知らなかった明治の新語、流行語があふれている。文明開化が生んだ「東京」「時間」「世紀」、家族像を更新した「恋愛」「家庭」「新婚旅行」、そして「個人」「常識」「科学」といった近代の基本概念──。身分制の崩壊、人の移動、学校制度の確立など、かつてない社会の変動が引き金となって、言葉は大きく変わった。意外に新しい言葉たちの誕生の秘密に、国語辞典の編纂で知られる第一人者が迫る。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 辞典
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ソフィア文庫
電子版発売日
2019年06月14日
紙の本の発売
2019年06月
サイズ(目安)
10MB

明治生まれの日本語 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年07月11日

    明治になって次々と日本にやってくる新しい物事や考え方、日本語にして定着させるのは大変なようで
    教科書に載ると定番化する例が多くて、学校教育ってスゲーんだな、と思いました

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月19日

    ・飛田良文「明治生まれの日本語」(角川文庫)は よくある、明治にできた言葉の解説書と言へばその通りである。しかし、本書は全体を三章に分けて、全21語を採り上げてゐるだけである。明治の日本語と言はれるものはまだたくさんあるはずだが、本書にはこれだけである。頁数254、20数頁が本文以外の参考文献等であ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています