那須雪崩事故の真相 銀嶺の破断
  • 値引き

那須雪崩事故の真相 銀嶺の破断

作者名 :
値引き価格 704円 (640円+税) 11月28日まで
通常価格 1,408円 (税込)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

なぜ、雪崩の危険性が高い急斜面を登ったのか。
雪崩は自然発生か人為発生か。
真実を知りたいと願う遺族たちは不満を募らせたままだ。
生存生徒たちへの聞き取り調査から、
私がたどり着いた結論は「雪崩は人為的に発生した」
というものだった。
(本文から)

高校生ら8名が死亡、40名が重軽傷を負った那須雪崩事故を徹底的、かつ多角的に検証した渾身のノンフィクション。

2017年3月27日、那須温泉ファミリースキー場周辺でラッセル訓練を行なっていた高校生らに雪崩が襲いかかり、栃木県立大田原高校山岳部部員7名と顧問の教員1名が死亡した。
彼らは、栃木県高体連登山専門部が主催していた「春山安全登山講習会」に参加、雪崩に巻き込まれた事故だった。

一瞬のうちに悲劇のどん底に突き落とされる雪崩事故は、あとを絶たないが、今回の事故は、雪崩注意報が出されていたにもかかわらず、雪崩の起きそうな斜面に生徒を誘導した、起きるべくして起きた雪崩故だった。

著者の阿部幹雄氏が雪崩事故の発生の経緯からその原因を丹念に追跡し、長く困難な取材の末にたどりついた結論とは。

(内容)
第1章「14人の隊列」 8人が死亡した那須雪崩事故発生までの経緯
第2章「消えた痕跡」 専門家による研究班の結成、現地調査
第3章「真実を知りたい」 遺族・母親の叫び
第4章「隠された真実」 2010年、同じ山域で起きていた高校生の雪崩事故
第5章「弱層は板状結晶」 専門家による雪崩の原因究明
第6章「芽生える疑問」 検証委員会による事故報告書への疑問点
第7章「救えた命、救えなかった命」 杜撰だった初期捜索救助
第8章「生存生徒の証言」 この雪崩は自然発生か人為発生か
終章「高校生の夢」 生き残った生徒たちが現在も登山を続けている模様

ジャンル
出版社
山と溪谷社
ページ数
272ページ
電子版発売日
2019年06月07日
紙の本の発売
2019年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
14MB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています