鬼とめおとの古物商 アンティークに思い出をこめて

鬼とめおとの古物商 アンティークに思い出をこめて

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

古き物には魂が宿るという。届かぬ思いを宿した古物はやがて一つの古物店へと流れ着く。鑑定する店主は鬼の男・鬼蔵。男を支えるのは人間の妻・渚。
窓辺に置かれた真空管ラジオから流れる、もう逢うことの叶わぬ懐かしい人の声。舶来物のドールハウスに住まう、仲睦まじい小さな住人たち。戦地に向かった夫と妻をつなぐ、めおと茶碗の数奇な運命。
鴫沢古物店に集まるアンティークにまつわる小さな不思議を、奇妙な縁で夫婦となった二人が解き明かす――。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
メディアワークス文庫
電子版発売日
2019年05月25日
紙の本の発売
2019年05月
サイズ(目安)
2MB

鬼とめおとの古物商 アンティークに思い出をこめて のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月24日

    ラジオ、ドールハウス、夫婦茶碗。ラジオの話は涙腺持っていかれたけど、いや親父しっかりしろよというもやっとがすごい。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年06月14日

    想像していたより何倍も心優しくて、それでいてちょっと抜けていて放って置けない感じの鬼さんでした。
    奥さんとの出会いの話が、切なくも微笑ましかったです。
    お互いに「あ、この人と結婚するんだ」と思える出会い、羨ましいです。
    そのきっかけとなった夫婦茶碗に宿る思い出も切なかったし、元持ち主の気持ちも受け継...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています