世界最強の魔王ですが誰も討伐しにきてくれないので、勇者育成機関に潜入することにしました。 3

世界最強の魔王ですが誰も討伐しにきてくれないので、勇者育成機関に潜入することにしました。 3

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

最強の魔王、交換留学生として西方へ――。

帝国で起きた陰惨な事件を解決へと導いた最強の魔王。
テオドールという名の人間に化けて街の復興作業に勤しむ彼は早くも退屈を覚えていた。
自らの心に潜む破壊衝動に駆られる最中、彼が滞在する帝国の南方ミルディアナの地に色欲の魔王アスモデウスが現れる。
彼女は、帝国の西方グランデン領で相次いで起きているという神殿襲撃事件の情報をもたらす。
事件に興味はあるものの、南方で軍学校の一生徒として振る舞っている以上、縁はないだろう。
そう思っていた矢先、なんの偶然か、テオドールの西方領への留学が決定する。
他の特待生らと共に西方へと赴く彼を、赤く煌めく星々が不気味に照らしていた。

グランデンに辿り着いたテオドールらは、この地の守護者であり先の戦で最高の武勲を立て大英雄と称されるクロード・デュラス将軍と出会う。
魔神をも超える圧倒的な威圧を放つデュラス将軍を前に、彼と戦ってみたい衝動を抑えるテオドール。
この地の特待生で現役軍人のクラリスを交えて、留学生として平穏な日々送るテオドールたちだったが、裏では奇怪な事件が蠢いていた。その魔手は着々とグランデン領を侵食していく――。

※「ガ報」付き!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ガガガブックス
シリーズ
世界最強の魔王ですが誰も討伐しにきてくれないので、勇者育成機関に潜入することにしました。シリーズ
ページ数
326ページ
電子版発売日
2020年05月20日
紙の本の発売
2020年05月
サイズ(目安)
9MB

世界最強の魔王ですが誰も討伐しにきてくれないので、勇者育成機関に潜入することにしました。 3 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

世界最強の魔王ですが誰も討伐しにきてくれないので、勇者育成機関に潜入することにしました。 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 世界最強の魔王ですが誰も討伐しにきてくれないので、勇者育成機関に潜入することにしました。
    少年に化けた魔王が、勇者育成機関に入学! その圧倒的な力で魔族を支配する世界最強の魔王ルシファー。 自分を討伐しにきた、天使や女勇者たちを手籠めにして妻とし、彼女たちを交えたハーレムで、食う、ヤる、寝るだけの生活を続けていた。 そして、最後に勇者がやって来てから五百年が経過したある日、魔王の血の中に眠る破壊衝動が強敵を求めてうずきだす。 ――これだけ待ったにもかかわらず、なぜ勇者は自分を討伐しにこないのか、実にけしからん! そこで、ルシファーは人間の少年に姿を変え、元勇者で今は自分の妻であるレナを案内役に、勇者育成機関である軍学校の様子を見に行くことに。 優秀な軍人や勇者を輩出する『エルベリア帝国ミルディアナ領直属軍学校』。 ルシファーはテオドールと名を偽り、この学園の入学試験をあっさりと突破。しかも、五百年来誰も為し得なかった、剣術・体術・魔術の三科目で主席を取るという偉業に、テオドールは一気に注目を浴びてしまう。 こうして、まんまと勇者育成機関へと潜入することに成功したルシファーは、未来の強敵を求めてさっそく学園内の様子を探り始めるのだが……。 ※「ガ報」付き! ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。
  • 世界最強の魔王ですが誰も討伐しにきてくれないので、勇者育成機関に潜入することにしました。 2
    血塗られた「末期の雫」編、決着の時――! 学園からリズが消えた。街中でエルフの失踪が相次ぐ中で起こったその事態と同時に、テオドールの周辺を謎めいたエルフの少女がつきまとい始める。まるで自分のことを監視しているかのような少女のことが気になったテオドールは、彼女と接触する。ピアナと名乗る気弱なエルフの少女の話だと、軍学校の入学試験を楽々突破したテオドールに憧れを抱いたらしい。少女のことが気に入ったテオドールは、彼女と一緒に楽しげな学園生活を送る一方、リズの居所を探す手掛かりがないか探り始める。 ピアナと共に行動していたテオドールは、やがて彼女の父親が高等魔法院に勤めていることを知る。高等魔法院にはエルフを差別する者が多い……。そこにエルフ失踪事件の謎を解く鍵があると感じたテオドールは、ピアナの父に接触を図るために彼女を籠絡してしまう。 事件の真相へと一歩近づいたテオドールだったが、事態は急変する。エルフの国の女王が、ミルディアナの街に極秘裏で来訪することになったのだ。女王に危機が迫れば、帝国とエルフの同盟関係が崩れてしまう。軍学校の一生徒にして、最強の魔王でもあるテオドールは事件解決に乗り出した。すべては一時の余興のために――! ※「ガ報」付き! ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。
  • 世界最強の魔王ですが誰も討伐しにきてくれないので、勇者育成機関に潜入することにしました。 3
    最強の魔王、交換留学生として西方へ――。 帝国で起きた陰惨な事件を解決へと導いた最強の魔王。 テオドールという名の人間に化けて街の復興作業に勤しむ彼は早くも退屈を覚えていた。 自らの心に潜む破壊衝動に駆られる最中、彼が滞在する帝国の南方ミルディアナの地に色欲の魔王アスモデウスが現れる。 彼女は、帝国の西方グランデン領で相次いで起きているという神殿襲撃事件の情報をもたらす。 事件に興味はあるものの、南方で軍学校の一生徒として振る舞っている以上、縁はないだろう。 そう思っていた矢先、なんの偶然か、テオドールの西方領への留学が決定する。 他の特待生らと共に西方へと赴く彼を、赤く煌めく星々が不気味に照らしていた。 グランデンに辿り着いたテオドールらは、この地の守護者であり先の戦で最高の武勲を立て大英雄と称されるクロード・デュラス将軍と出会う。 魔神をも超える圧倒的な威圧を放つデュラス将軍を前に、彼と戦ってみたい衝動を抑えるテオドール。 この地の特待生で現役軍人のクラリスを交えて、留学生として平穏な日々送るテオドールたちだったが、裏では奇怪な事件が蠢いていた。その魔手は着々とグランデン領を侵食していく――。 ※「ガ報」付き! ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。
  • 世界最強の魔王ですが誰も討伐しにきてくれないので、勇者育成機関に潜入することにしました。 4
    城塞都市でいま凄惨な戦いが幕を開ける……。 帝国の西方領、城砦都市グランデンで交換留学生としての生活を続けるテオドールたち。 そんなある日、戦時中の祖国を憂えて時々うわの空になるロカを元気づけようと、シャウラとリズは、サプライズで彼女の誕生祭を開こうと計画する。 その一方、楽しげな日常のウラでは、西方で相次ぐ神殿襲撃事件のためグランデン軍部に緊張が走っていた。襲撃犯の正体はもちろんその思惑すらわからないままに4つの神殿が破壊され、残る神殿はあと2つ。 そんな中、テオドールは西方で空間に歪みが生じていることに気づく。この現象は間違いなく人為的に引き起こされるもの……。 時を同じくして、北方の地から夥しい数の死者の群れがグランデンへと迫っていた。いち早くそれを察知したクロード・デュラス将軍は城塞都市の防衛に当たるのだが……。 ついに正体を現す神殿襲撃犯。城塞都市へと押し寄せる死者の大群。死者の怨嗟の声が響き渡る街中で繰り広げられる数多の死闘。城塞都市グランデン編はいよいよ佳境へ! ドラマCDに続いて、コミカライズ連載もスタート! ますますの盛り上がりを見せる世界最強の魔王の学園ライフ第4弾! ※「ガ報」付き! ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。
  • 世界最強の魔王ですが誰も討伐しにきてくれないので、勇者育成機関に潜入することにしました。 5
    魔王ルシファー降臨。 城塞都市グランデンで巻き起こった大規模な戦闘は、テオドールらの活躍によって収まるかに思えた。 だが、城塞都市の西方付近の上空に生じた次元の裂け目から現れた不気味な化け物たちと巨大な繭がさらなる混乱を生む。 いち早く現場に駆けつけていたクラリス率いる小と、異変を察知して竜王国から侵入してきた竜騎兵たちは化け物たちを相手取って一時的に共闘を果たすが、 突如、空から落下してきて巨大な繭が事態を一変させることになる。 城塞都市での戦闘を終わらせた大英雄デュラス将軍が愛馬とともにクラリスたちのもとへ駆けつけると、目の前には凄惨な光景が広がっていた。 一方、街中での後処理をしていたテオドールもまた次元の裂け目から現れた存在の気配を察し、愕然とする。 それは遥かな昔、自分たちの前から忽然と姿を消したサタンのものだった。 すべてを顧みずかつての盟友のもとへと駆けつけたテオドールは、暴れる盟友を鎮めるため、デュラス将軍の目の前にもかかわらず、ついに真の姿を曝け出す――。 ※「ガ報」付き! ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

世界最強の魔王ですが誰も討伐しにきてくれないので、勇者育成機関に潜入することにしました。 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています