一徹――智辯和歌山 高嶋仁 甲子園最多勝監督の葛藤と決断

一徹――智辯和歌山 高嶋仁 甲子園最多勝監督の葛藤と決断

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

2018年に100回大会を迎えた夏の甲子園。その100回の歴史の中で、数々の名勝負、名選手、そして名監督が生まれてきた。そんな長い歴史を誇る甲子園において、誰よりも多く勝利を収めている監督が、智辯和歌山高校・高嶋仁監督(現・名誉監督)である。智辯学園、智辯和歌山を率い、春夏の甲子園出場38回、通算勝利68勝はいずれも歴代最多。古希を迎えてもなおグラウンドに立ち続けていたが、2018年夏を最後に惜しまれつつ勇退。それに至るまでの様々な葛藤や心の揺れ、「平成の王者」と言わしめた隆盛時代、翳りが見え始めた中での謹慎、それでも貫き通した信念――。本人へのインタビューを中心に、教え子、対戦監督、故郷、家族……総勢50名以上の関係者が知られざる真実を語る。この10年誰よりも高嶋を追い、本人からの信頼も厚い著者・谷上史朗が綴る渾身のノンフィクション作品。

ジャンル
出版社
インプレス
ページ数
400ページ
電子版発売日
2019年05月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

    Posted by ブクログ 2019年08月22日

    高校野球で甲子園最多勝の監督は、智辯和歌山高校元監督の高島仁氏です。積み重ねた勝利数は68勝。智弁学園高校の監督からスタートし、智辯和歌山高校に移動したのち、同校を甲子園常連の強豪校に育て上げ、そして昨年勇退されるまでの約50年間の監督生活を、両校OBや親交のある他校の監督、学校関係者などの証言と高...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています