日本の「老後」の正体

日本の「老後」の正体

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「日本は借金が1000兆円もあり、財政破綻は避けられない」「少子高齢化で経済成長も望めず、将来年金はもらえないだろう」――。これらの考えはすべて誤りだと著者は言う。「財政は破綻しないし、年金は確実にもらえる。だから年金の保険料を払わないと損をする!」そう主張する著者の根拠を数字で具体的に解説。元財務官僚で、政治・経済の表と裏に精通した数量政策学者が、官僚やマスコミの嘘八百を暴くとともに、いま国民が将来の資産防衛のために為すべきことを説く。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎新書
電子版発売日
2019年03月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

日本の「老後」の正体 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年03月12日

    マクロ経済に初めて興味を持てた書籍であり、会話形式で各セクションの物語が展開されていくため、飽きずに読めました。言葉も平易な表現や言い回しをあえてしている箇所も多く、政治・経済用語に不慣れでも初見で理解できるよう工夫されている点にも感銘を受けました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月12日

    『日本の「老後」の正体』というタイトルですが、
    経済政策について明快な解説があり参考になりました。
    高齢者にも若者にも役立つ書籍と思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月10日

    いつまで働くかどうかは、世の中の常識が変わりつつあるので、考え中ですが、私が社会人になった平成元年に当時の人事部長から言われたのは「君たちは60歳まで働くことになり、その後は国と会社からの年金で暮らせるように人生設計を準備しなさい」というものでした。

    人生設計とは、私の理解では、結婚・持家・子供の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月05日

    金融緩和の推進、積極的な財政出動、消費税増税の凍結…。先生と高校生とのQ&A形式で氏の持論をわかりやすく伝えている。借金を抱えていても日本の財政は大丈夫だというが、マクロ経済は正直どう動くかわからないから不安は消えない…。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています